【JGC修行】JL724 クアラルンプール→成田 寝るだけのフライトはエコノミーで十分

JAL B787-9

2019年JGC修行(プレミア修行)の第2弾は、沖縄経由のクアラルンプールタッチ(OKA-KUL)です。国内発券と海外発券を組み合わせて、合計24,310FOP、FOP単価7.9円の修行プランです。

JGC修行の合間のクアラルンプール観光を終えて、JL724のエコノミークラスで成田に戻ります。

目次

フライト&FOP サマリー

No 便名 区間 クラス 運賃種別 FOP
1 JL919 羽田⇒那覇 普通席 先得割引 1,476
2 JL920 那覇⇒羽田 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
3 JL723 成田⇒クアラルンプール エコノミー S 2,904
4 JL724 クアラルンプール⇒成田 プレエコ E 5,407
(東京ストップオーバー:1ヵ月)
5 JL723 成田⇒クアラルンプール プレエコ E 5,407
6 JL724 クアラルンプール⇒成田 エコノミー S 2,904
7 JL917 羽田⇒那覇 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
8 JL920 那覇⇒羽田 普通席 ウルトラ先得 1,476

2019年1月に1レグ~4レグまでを実施して、2019年2月に5レグ~8レグを実施します。

全フライトが完了した後のFOPやFOP単価は以下のようになります。

  • 運賃合計:191,077円
  • FOP合計:24,310FOP
  • FOP単価:7.9円

今回は6レグのクアラルンプール→成田のフライトについてまとめます。

フライト情報

JAL B787-9
搭乗年月 2019年2月
航空会社 JAL
フライト JL724 クアラルンプール(KUL)→ 東京/成田(NRT)
機材 B787-9 JA872J
クラス エコノミークラス (JAL SKY WIDER)
運賃種別 S (積算率50%)
マイル 4,256マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 2,904FOP
座席 45A (非常口席)

エコノミークラスの非常口席を指定

非常口席

本日の座席は45A、非常口席です。

足元は広々です。

隣のシニア層の人、JGCかサファイアのどっちか。自分の二人前で優先搭乗して、先に席に着いてしまった。そのため、シートの写真を撮れませんでした。

行きの成田→クアラルンプールのフライトではプレエコを利用し、快適だと書きました。プレエコであればどの座席でも広々快適です。

でもエコノミークラスで非常口席を指定できるなら、プレエコを利用するメリットはそんなに無いと思います。

私がプレエコに乗った理由は、単純にFOP単価がエコノミークラスよりも良かったからです。

非常口席なのに、離陸中にモニターを取り出す

隣のシニアの人、離陸中にモニター取り出してる。非常口席なので、CAさんの目の前で堂々と。

Tekito

これダメだろ。CAさんに注意されるぞ。

CAさんが注意するのかと思いきや、むしろ逆。シニアは操作で手こずってて、CAさんはシートベルト外してシニアのところに行き、操作を手伝ってる。

Tekito

はい、アウトー。マジでこれダメでしょ。

非常口席は、離着陸時はモニターを利用できないはずなんですが。。。

ある程度、CAさんに裁量が与えられているのでしょうか。情弱なのでわかりませんでした。

就寝前の軽食

最初のサービスはおしぼりと水です。おしぼりは、エコノミー仕様の薄っぺらい物です。水はペットボトルの水です。

軽食

就寝前の軽食はスモークチキンサンドです。ドリンクあられミックスも頂きました。

軽食の後は、すぐに消灯して就寝モードに入りました。

到着前の機内食

日本時間に03:55に明るくなり、ここから朝食の機内食のスタートです。

機内食
  • ハーブオムレツとポテトグラタン
  • ミックスビーンズのサラダ
  • フレッシュフルーツ
  • ヨーグルト ストロベリーソース
  • クロワッサン

メニューは前回の1月のフライトから変わっていません。しかし、ゲロ不味の鶏肉料理が無くなってました。

よしよし。

しかし、全体的に美味しくはありません。海外で搭載した感じが満載の機内食です。

クロワッサンが1番マシ、次にヨーグルトがマシな感じでした。

過去に何度もJL724のKUL→NRTに搭乗していますが、機内食のクオリティーは高くありません。

個人的には、うどんですかいを2個食べた方が満足すると思ってます。

機内食が離陸直後であれば、ラウンジで食事を済ませておけば、機内食を食べる必要ありません。しかし離陸から4時間以上経過していると、さすがに機内食に頼るしかありません。もう少しマシな機内食であれば、JL724の満足度も向上すると思いました。

寝るだけのフライトはエコノミーで十分

機内食を食べ終えたのは、日本時間の4:30でした。食事をすると人間眠くなるもので、私も寝てしまいました。

結局、離着陸時と機内食以外は寝ているため、あまり印象の無いフライトでした。

フライト時間は7時間程度。離着陸や機内食の時間を除くと、残りの時間は4時間程度といったところでしょうか。

4時間しか眠れないとなると、寝不足は必至です。わざわざ高いお金を払ったり、多くのマイルを使ってビジネスクラスに乗っても、結局は寝不足になります。であれば、JL724はエコノミークラスでも十分だと思いました。

機内食などを完全に無視して爆睡していれば、睡眠時間を長くとることは可能ですが、それではつまらないですし。

残りは羽田=沖縄の往復フライト

成田に到着したのは、朝の6:20です。これからOKA=KULの最終章である、羽田=沖縄のタッチを実施します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次