【JGC修行】JL723 成田→クアラルンプール JAL SKY PREMIUM(プレエコ)は快適

機内

2019年JGC修行(プレミア修行)の第2弾は、沖縄経由のクアラルンプールタッチ(OKA-KUL)です。国内発券と海外発券を組み合わせて、合計24,310FOP、FOP単価7.9円の修行プランです。

1月に1回目の沖縄タッチとクアラルンプール往復を行いました。

1ヶ月のインターバルを挟んで、残りのクアラルンプール往復と沖縄タッチを実施します。

今回は、クアラルンプール発券のプレエコで、成田からクアラルンプールに飛びます。

目次

フライト&FOP サマリー

No 便名 区間 クラス 運賃種別 FOP
1 JL919 羽田⇒那覇 普通席 先得割引 1,476
2 JL920 那覇⇒羽田 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
3 JL723 成田⇒クアラルンプール エコノミー S 2,904
4 JL724 クアラルンプール⇒成田 プレエコ E 5,407
(東京ストップオーバー:1ヵ月)
5 JL723 成田⇒クアラルンプール プレエコ E 5,407
6 JL724 クアラルンプール⇒成田 エコノミー S 2,904
7 JL917 羽田⇒那覇 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
8 JL920 那覇⇒羽田 普通席 ウルトラ先得 1,476

2019年1月に1レグ~4レグまでを実施して、2019年2月に5レグ~8レグを実施します。

全フライトが完了した後のFOPやFOP単価は以下のようになります。

  • 運賃合計:191,077円
  • FOP合計:24,310FOP
  • FOP単価:7.9円

今回は5レグの成田→クアラルンプールのフライトについてまとめます。

フライト情報

窓からの景色
搭乗年月 2019年2月
航空会社 JAL
フライト JL723 東京/成田(NRT) → クアラルンプール(KUL)
機材 B787-9 JA872J
クラス プレミアムエコノミークラス (JAL SKY PREMIUM)
運賃種別 E (積算率100%)
マイル 5,174マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 5,407FOP
座席 21K

成田のチェックインでイライラ

今回はクアラルンプール発券におけるクアラルンプールへの戻りのフライトです。

そのため、成田でのチェックインの際に、マレーシア滞在ビザもしくはマレーシアを出国するフライトについて、GHさんに聞かれました。

Tekito

明日のJL724で日本に戻ります。

GH

Eチケットか、スマートフォンの画面を見せていただけますか?

Tekito

ちっ、めんどくさいなぁ。

と思いながら、スマホの画面を見せることにしました。

さすがJAL様、期待を裏切りません。タイミング悪くBad Gatewayのエラーが表示されました。

Tekito

使えないアプリだなぁ(イライラ)

仕方なくスーツケースからEチケットを出して見せました。バッチリ沖縄行きのEチケットなので、修行僧であることがバレバレ。

Tekito

もう富士山どっちとかくだらない機能いらないから、普通に使えるアプリに改善してほしいわ。

相変わらず満席のサクラサウンジ

写真はありませんが、ド満席のJALサクララウンジでした。

前回もですが、サクララウンジ本館は9:30頃が混んでる様子。ダイニングエリアは順番待ちになっていました。

成田空港JALサクララウンジ

ダイニングエリアで速攻で食事して、ラウンジエリアへ。でもラウンジエリアも混んでいて、落ち着きません。

スパークリングワインとクッキー食べて、歯ブラシもらって、ラウンジから退出しました。

JGCでは意味をなさない優先搭乗

成田空港98番ゲート

ド満席のサクララウンジを早々に後にして、優先搭乗の先頭に並んでみました。しかし、私はただのJGC会員でしかありません。一番に並んだとしても、ダイヤモンドやJGCプレミアに追い越される運命です。

折角なので、優先搭乗の人数を数えてみました。

  • 事前改札サービス:2組(赤ちゃん連れ)
  • 優先搭乗-1(ダイヤモンド  / JGCプレミア / OWエメラルド): 29人

本日の機材はB787-9の203席仕様です。赤ちゃん連れの事前改札は別として、全体の14%がワンワールドエメラルド保有者。

優先搭乗-2(ビジネスクラス / ワンワールドエリートステータス保有者)の人数は数えていませんが、合わせると40%くらいはステータス保有者なんだと推測します。

JALプレエコのシート

機内に乗り込むと、私の隣の席には、既にダイヤモンドかプレミア保有者が座っていました。

という訳で、機内全体やシート全体の写真は撮れませんでした。

JAL国際線で、誰もいない状態で機内の写真を撮ることは困難です。自分もJGCプレミア以上になるしかありませんね。

シートに座ると、CAさんが挨拶に来てくれました。

Tekito

へー、プレエコでも挨拶くるんだぁ。しかも名前で呼んでくれるなんて。

私はJGCクリスタルなので、ステータスのほぼ底辺に位置しています。どういう基準で名前を呼んで挨拶するのか気になるところです。

窓からの景色

今回の座席は、プレエコの最後部座席です。主翼の後方に位置しているため、窓からの景色はあまりよくありません。主翼がガッツリと主張してきます。

離陸まではとってもスムーズで、定刻通りのフライトとなりそうです。

プレエコならシャンパンを飲める

シャンパン

エコノミークラスと違い、プレエコ限定のドリンクとしてシャンパン、焼酎、ペリエを頂けます。

貧乏性なので、頼まないわけにはいきません。と言うわけでシャンパンを頼みました。

シャンパングラスではなく、ジュースと同じプラカップでのシャンパンです。

エコノミークラスと同じ機内食

機内食
  • 冬に美味しい野菜と鶏肉のべっこう煮
  • 漬物を入れた和ポテトサラダ
  • 鱈とグレープフルーツのカルピオーネ
  • フレッシュサラダ ドレッシング添え
  • ラズベリーとクリームチーズのムース、米粉のタルト

機内食は、前回の1月と同じラインナップです。前回はサーモンの柚子香る豆乳クリーム煮込みを食べたので、今回は野菜と鶏肉のべっこう煮を頼みました。

メニューの写真から、べっこう煮には私の大嫌いなキノコ(椎茸)が入っていることが分かりましたが、仕方ありません。

野菜と鶏肉のべっこう煮

べっこう煮は薄い味付けですねー。これ、日本人の年配にしかウケないんじゃない?

よく海外のエアラインに乗ると、不味い機内食に当たることもありますが、逆に外国人がJALに乗ったら評判悪いんじゃなかろうか。

紅生姜がかかった謎のエサ、苦いです。1月は特に気にならなかったんですが。。。ポテトサラダも何だかよく分からない味。

なんだろう、シャンパン飲んで、一時的に口の中の感覚がおかしくなっていたのかもしれません。

機内食が微妙なときは、ハーゲンダッツの安定感が助かります。

歯ブラシセット

食後にトイレに行くと、歯ブラシセットが置かれていました。プレエコならアメニティーとしてもらえるので、トイレの歯ブラシを使う必要はありません。また、サクララウンジでも歯ブラシセットは頂けます。

ラウンジを使えない場合やエコノミーに搭乗している場合には、助かるサービスです。

JAL SKY PREMIUMはバルク席でなくても広々

機内

シートは2-3-2列のレイアウトのため、エコノミークラスのような雑多な感じはしますが、座ってしまえば全く気になりません。

最近のJALのアジア方面のフライトだと、機内食が終わると、すぐに明かり消してシェードを落として、完全睡眠モードにすることが多かったです。

この日のフライトは、明かりは落としていますが、電子シェードを強制的に落としていなかったので、そこそこ明るい機内でした。

アメニテーは以下の5点です。

  • マスク
  • アイマスク
  • 耳栓
  • 歯ブラシセット
  • スリッパ

歯ブラシセットは、いつもサクララウンジで頂いているため、機内で頂ける歯ブラシセットを利用したことがありません。マスク、アイマスク、耳栓も私は利用しません。

利用したのはスリッパだけでした。

プレエコのシートは足元も広々しています。私の身長は170cmですが、脚を全開に伸ばしても、まだゆとりがありました。もちろん脚を組むこともできます。身動きが取りにくいエコノミークラスと比較すると、プレエコはとっても快適です。

窓側に座っていてトイレなどで席を立つ場合は、通路側の人が脚を伸ばしていると、通路側の人の前を通り抜けることができませんでした。脚を縮めてもらえば、前を通り抜けることができる広さです。

このサイドテーブルは左右の座席で共用です。これ、隣に害人が座ったら、肘掛もろとも占有される気がしました。幸い今回のお隣様は、日本人の仕事の出来そうなミドルの方だったので大丈夫でした。

シートの脇には小物入れもあります。

ちなみに、バルク席だと各席にサイドテーブルがありますが、小物入れはありません。

隣の席との間にはプライバシーパーティションがあり、顔は見えません。読書灯はヘッドレストの脇から伸びているタイプです。

テーブルはエコノミークラスと比べると広々しています。PCを広げた作業がしやすそうな感じです。

軽食にはうどんですかいを選べる

メニュー

メニューを改めて見ると、うどんですかいの表記がありました。プレエコ限定とは記載されていないので、エコノミークラスでも頼めば食べれるかも知れません。

さて、今日は機内食乞食しますよー。

うどんですかい

うどんですかいの他には、着陸前の軽食も提供されます。

軽食

到着前の軽食はカルツォーネです。これも1月と同じ。夕食の時間帯なのですが、これでは全然足りません。クアラルンプールに到着したら、ちゃんと夕食を食べる必要があります。

窓からの景色

これで全てサービスは終了。あとはクアラルンプールに向けて降下していきます。

プレエコはゆったりとしたシートに座りたい人向け

ドリンクや軽食での一部違いはあるものの、機内食やドリンクはエコノミークラスと基本的には同じです。そのため、機内食などの機内サービスを重視する人にとっては、プレエコに乗っても満足度は高くないと思いました。

エコノミークラスとの大きな違いは、やっぱりシートだと思います。脚を伸ばしてもゆとりがありますし、シート幅にもゆとりがあります。機内サービスは重視せず、ゆったりとしたシートに座りたい人にとっては、プレエコの利用価値はあると思いました。

一方で、エコノミークラスでも非常口席やバルク席を指定できるなら、エコノミークラスで十分と考えることもできます。JGC会員であれば、空いていればエコノミークラスの非常口席を事前指定できますし。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次