【JGC修行】JL724 クアラルンプール→成田 プレエコ 機内食が海外クオリティー

JAL B787-9 プレエコ

2019年JGC修行(プレミア修行)の第2弾は、沖縄経由のクアラルンプールタッチ(OKA-KUL)です。国内発券と海外発券を組み合わせて、合計24,310FOP、FOP単価7.9円の修行プランです。

JL723で18時過ぎにクアラルンプールに到着しました。

ここからはKULタッチを実行します。マレーシアに入国しないで、行と同じ飛行機で成田に戻ります。

戻りのフライトはクアラルンプール発券のプレエコです。

目次

フライト&FOP サマリー

No 便名 区間 クラス 運賃種別 FOP
1 JL919 羽田⇒那覇 普通席 先得割引 1,476
2 JL920 那覇⇒羽田 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
3 JL723 成田⇒クアラルンプール エコノミー S 2,904
4 JL724 クアラルンプール⇒成田 プレエコ E 5,407
(東京ストップオーバー:1ヵ月)
5 JL723 成田⇒クアラルンプール プレエコ E 5,407
6 JL724 クアラルンプール⇒成田 エコノミー S 2,904
7 JL917 羽田⇒那覇 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
8 JL920 那覇⇒羽田 普通席 ウルトラ先得 1,476

2019年1月に1レグ~4レグまでを実施して、2019年2月に5レグ~8レグを実施します。

全フライトが完了した後のFOPやFOP単価は以下のようになります。

  • 運賃合計:191,077円
  • FOP合計:24,310FOP
  • FOP単価:7.9円

今回は4レグ目のクアラルンプール→成田の搭乗記です。

フライト情報

JAL B787-9
搭乗年月 2019年1月
航空会社 JAL
フライト JL724 クアラルンプール(KUL)→ 東京/成田(NRT)
機材 B787-9 JA869J
クラス プレミアムエコノミークラス (JAL SKY PREMIUM)
運賃種別 E (積算率100%)
マイル 5,174マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 5,407FOP
座席 17H (バルク席)

フライト前の待合室

クアラルンプール国際空港

JL723でクアラルンプールに到着したのが18時過ぎ。そこからラウンジホッピングをしつつ、マッタリしてました。

帰りのJL724のフライトは22:50発です。ちょっと早いですが、21:40頃にはラウンジを出て、搭乗口に向かいました。

クアラルンプール国際空港C34ゲート

クアラルンプール国際空港は、搭乗口付近の待合室に入る前に、手荷物検査があります。

何この看板。他のゲートでは、こんな看板立ててるところ、どこにも無いし。ここまでしないと、日本人はゲートに辿り着けないのでしょうか。

クアラルンプール国際空港C34ゲート

手荷物検査の後は、こんな感じの待合室で待たされます。トレイや自販機は無いので、事前に済ませて置く必要があります。

クアラルンプール国際空港C34ゲート

待合室に入るタイミングでパスポートと搭乗券のチェックがありましたが、搭乗時にチェックはありません。

と言うわけで、優先搭乗の対象者ではなくても、やろうと思えば優先搭乗できてしまいます。

まぁ、そんなことする輩はいないと信じたいところです。

搭乗券のときは、マレーシア人による日本語アナウンスがあります。日本語アナウンスって必要なんですかね。

バルク席は超ゆとりなJALプレエコ

JAL B787-9 プレエコ
Tekito

いいね、JALのプレエコ!

JAL B787-9 プレエコ

最前列のバルク席は窓3枚分のスペースがあります。窓の占有枚数だけは、ビジネスクラスを超えています。

JAL B787-9 プレエコ

超ゆとりと足元です。素晴らしい!逆に広すぎて、シートポケットまで手が届きません。離着陸時に必要な小物は、シートの脇に置いておいた方が良いです。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクはペットボトルの水です。出ないよりかはマシなレベルです。

バルク席は、サイドテーブルが各席に付いてます。通常のシートは、サイドテーブルは共用です。

リクライニングのボタン

プレエコのシートは、押しボタン式のリクライニングとレッグレスト。自動ではありませんが、全然問題ありません。

個人用モニター

バルク席なので、モニターは肘掛から取り出すタイプです。バルク席のモニターは、通常の座席よりも一回り小さいサイズです。

機内でタバコを吸う輩が現る

乗客はほとんど座席についている様子ですが、なかなかドアクローズになりません。そして、CAさんや地上係員が慌ただしく動いている。

しばらくすると、CAさんからアナウンスがありました。どうやら、化粧室でタバコを吸った形跡が見つかったと。

飛行機の化粧室には、万が一タバコを吸ってしまった場合に備えて、灰皿を設置してます。吸い殻をゴミ箱などの不適切な場所に捨てられると、火災に繋がる恐れがあるからですね。

現実には機内でタバコを吸う人なんて居ないんだろうと思ってましたが、まさか本当にタバコを吸う輩が居るとは。

JALプレエコのイケてないてところ

広々していて全体的に満足なJALのプレエコですが、イケてないところもありました。

まずはレッグレスト。1番上まで上げても、微妙につま先が床についてしまいます。しかもグラつくので、落ち着きません。早々にレッグレストの使用をやめました。

次にリクライニング。プレエコのシートは、リクライニングしても、前のシートが倒れてこない仕様です。座面が前にせり出して、シートに傾斜をつけるようになっています。

座面が前にせり出したときに、滑り落ちるような感覚がありました。自分だけかもしれませんが。軽く踏ん張らないといけなくて疲れるので、リクライニングも早々に使用をやめました。

個人の感想なので、参考程度にお願いします。

離陸後の軽食

軽食

シートベルト着用サインが消えると、軽食のサービスが始まります。軽食はスモークチキンサンドとドリンクです。本当に軽食だけです。

すでに0時を過ぎているので、この後は消灯しました。

機内食は海外クオリティー

日本時間の4:15に機内が明るくなりました。ここから機内食のスタートです。

機内食
  • ハーブオムレツとポテトグラタン
  • ミックスビーンズのサラダ
  • フレッシュフルーツ
  • ヨーグルト ストロベリーソース
  • クロワッサン

プレエコの機内食は、はエコノミーと同じです。

メニューにはポテトグラタンと記載されていましたが、この日は鶏肉っぽい料理になっていました。

Tekito

ゲロゲロ、何この鶏肉の塊。マズすぎる。。。

残す程にマズイ機内食は、ここ数年はありませんでした。マジでマズイ。

オムレツは食べれるレベルですが、美味しいかと聞かれれば、別にという感じ。

一番まともなのはクロワッサンでした。

Tekito

クロワッサンがいちばん美味しいって、どういう機内食だよ。

日本発の機内食は美味しかったですが、マレーシア発の機内食は海外クオリティーです。

食後は再び寝てしまい、気が付いたら着陸してました。

ここまでで1月のフライトは完了

1月に予定していたフライト(羽田→那覇→羽田/成田→クアラルンプール→成田)は、これで全て完了です。

残りのフライトは2月に実施します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次