【JGC修行】OKA=KUL修行最終章の沖縄タッチ

羽田空港JGCカウンター

2019年JGC修行(プレミア修行)の第2弾は、沖縄経由のクアラルンプールタッチ(OKA-KUL)です。国内発券と海外発券を組み合わせて、合計24,310FOP、FOP単価7.9円の修行プランです。

JL724でクアラルンプールから成田に到着したのは6:30。ここから沖縄タッチを決行します。

今回の沖縄タッチで、全8フライトにわたるOKA=KUL修行は完結です。

目次

フライト&FOP サマリー

No 便名 区間 クラス 運賃種別 FOP
1 JL919 羽田⇒那覇 普通席 先得割引 1,476
2 JL920 那覇⇒羽田 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
3 JL723 成田⇒クアラルンプール エコノミー S 2,904
4 JL724 クアラルンプール⇒成田 プレエコ E 5,407
(東京ストップオーバー:1ヵ月)
5 JL723 成田⇒クアラルンプール プレエコ E 5,407
6 JL724 クアラルンプール⇒成田 エコノミー S 2,904
7 JL917 羽田⇒那覇 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
8 JL920 那覇⇒羽田 普通席 ウルトラ先得 1,476

2019年1月に1レグ~4レグまでを実施して、2019年2月に5レグ~8レグを実施します。

全フライトが完了した後のFOPやFOP単価は以下のようになります。

  • 運賃合計:191,077円
  • FOP合計:24,310FOP
  • FOP単価:7.9円

今回は7レグと8レグの羽田=沖縄タッチについてまとめます。

一旦家に帰り、沖縄タッチスタート

JL724でクアラルンプールから成田に到着したのは6:30でした。

ここからOKA=KULの最終章である羽田=那覇のタッチを決行します。

羽田→那覇のフライトはJL917、13:00に羽田発です。

時間に余裕があるため、一旦家に戻り、シャワーを浴びてから再出発しました。家でちょっとでも横になってしまうと、そのまま夜まで寝てしまうリスクが高いため、仮眠等はしないでの再出発です。

羽田空港に向かう途中はかなり眠かったです。羽田に向かう電車ではずっと立ちっぱなしでったので寝落ちすることはありませんでしたが、もし座っていたら爆睡だったでしょう。

Tekito

OKA=KULとか、まともな人間が実施するもんじゃ無いわ。

羽田空港に到着した時点で、もう二度とOKA=KULのようなタッチ修行はしないと誓いました。

JL917 HND→OKA:国際線航空券の国内区間

フライト情報

JAL B767-300
搭乗年月 20219年2月
航空会社 JAL
フライト JL917 東京/羽田(HND)→ 沖縄/那覇(OKA)
機材 B767-300ER JA655J
クラス 普通席 (JAL SKY NEXT)
運賃種別 国際線航空券に含まれる日本国内区間
マイル 1,525マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 2,368FOP
座席 28A (非常口席)

JGCカウンターでチェックイン

今回の羽田→那覇のフライトは、国際線航空券に含まれる日本国内区間です。

羽田空港JGCカウンター

自動発券機ではチェックインすることができません。有人カウンターで発券してもらう必要があります。

自動発券機の出力メッセージ

自動発券機に行っても、航空券が見つかりません。係員に声をかけるように案内が記載されています。

JAL国内線はJGCで最優先搭乗可能

羽田空港11番ゲート

JAL国内線の場合、JGC会員であればダイヤモンド会員と同じ序列で優先搭乗ができます。(羽田=伊丹線、事前改札サービスを除く。)

搭乗口に優先搭乗待ちの群ができる前に、搭乗口でスタンバイを実施。事前改札サービス後に1番で機内に乗り込みました。

機内

カメラを構えた時点では、若干乗客が映り込んでしまっていますが、CAさん以外に誰もいない機内は新鮮です。

と言っても、一瞬だけですが。

国内線B767の非常口を指定

非常口席

機材はB767-300で、シートは28Aの非常口席。運良く隣は空席でした。

非常口席

搭乗してからシートの写真を撮りまくってたら、CAさんに話しかけられました。

CA

写真撮りましょうか?

Tekito

だ、大丈夫です(汗)

自分の写真よりも機内の写真が目的なので、普通に断りましたが、ちょっと恥ずかしかったです。

非常口席

L側の非常口席は、パーティションやトイレなど、視界を遮るものがシートの前にありません。そのため、超広々なスペースです。B767の非常口席に座るなら、L側がオススメです。

非常口席

反対のR側は、シートの前にトイレが設置されていため、L側ほどのスペースはありません。

非常口席

非常口席は手荷物を置くことができません。壁に備え付けられた機内誌でパンパンなシートポケットしかありません。

手元に荷物を置いておきたい人にとっては、非常口席はデメリットかもしれません。

非常口席から景色

非常口席主翼のほぼ中央に位置しています。

OKA=KUL疲れでドリンク以外は爆睡

ドリンク

JALオリジナルのスカイタイム キウイです。

Tekito

うーん、検尿タイムっぽい。

もう眠すぎて、ドリンク以外の時間は爆睡でした。深夜便で成田に到着してからの沖縄タッチは、とにかく眠い。機内では寝るしかありません。

那覇空港サクララウンジ

那覇空港サクララウンジエントランス

爆睡のフライトで那覇空港に着いたら、次のOKA→HNDのフライトまでサクララウンジで時間を潰すことにしました。

那覇空港JALサクララウンジのトイレ

相変わらず、便座の横にトイレットペーパーのストックが置いています。

以前に投稿しましたが、小が飛び散ると新品のトイレットペーパーにかかってしまう恐れが。。。

個人的には汚らしいと思った次第です。

JL920 OKA→HND:OKA=KUL修行最後のフライト

フライト情報

JAL B777-300
搭乗年月 20219年2月
航空会社 JAL
フライト JL920 沖縄/那覇(OKA)→ 東京/羽田(HND)
機材 B777-300
クラス 普通席 (JAL SKY NEXT)
運賃種別 ウルトラ先得
マイル 1,390マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 1,476FOP
座席 32K (非常口席)

BGMが流れない機内

機内

機内に入るのと、なんかいつもと違い静かな感じでした。

Tekito

あ、BGMが流れてない。

BGMが流れていない機内は本当に静かです。人の歩く音しか聞こえないレベルでした。

この後でエンジンを始動すると、機内は普通の騒音レベルになりました。

国内線B777-300の非常口席

非常口席

またまた非常口席を指定しました。この非常口の光景を何度見たことか。

さすがに飽きてきますが、この広々スペースは一度経験してしまうとやめられません。特に国際線のようなロングなフライトになると、疲れが全然違います。

ドリンク

ドリンク飲んでる以外はほとんど寝てました。

機内

ドリンクを飲み終わると、機内はイヤラシイ感じの照明に。OKA=KULの疲れから寝てしまい、気がついたら着陸準備に入っていました。

まとめ

OKA=KULは疲れる、もうしたくない

これで、1月と2月に分けて実施したOKA=KUL修行は無事完了しました。

FOP観点からすると、OKA=KUL修行で20,000FOPオーバーのため効率的に、FOPを貯められたと考えています。

一方で、体力面が非常に辛い。自分の体力がもともと少なかったり、もう若くないため、深夜便からのOKAタッチは、もう睡魔との戦いでした。

今回のJGC修行にOKA=KULを取り入れた理由は、修行僧&マイラーとしては、沖縄経由の海外タッチを経験しておきたかったからです。

その点では目的を達成できましたが、もう次は無いかな。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次