【JGC修行】JL723 成田→クアラルンプール エコノミークラス フライトの半分は消灯時間

JAL B787-9

2019年JGC修行(プレミア修行)の第2弾は、沖縄経由のクアラルンプールタッチ(OKA-KUL)です。国内発券と海外発券を組み合わせて、合計24,310FOP、FOP単価7.9円の修行プランです。

前日には、初回のフライトとなる沖縄タッチをしてきました。

今回は沖縄タッチの翌日のフライトで、クアラルンプールに向かいます。

目次

フライト&FOP サマリー

No 便名 区間 クラス 運賃種別 FOP
1 JL919 羽田⇒那覇 普通席 先得割引 1,476
2 JL920 那覇⇒羽田 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
3 JL723 成田⇒クアラルンプール エコノミー S 2,904
4 JL724 クアラルンプール⇒成田 プレエコ E 5,407
(東京ストップオーバー:1ヵ月)
5 JL723 成田⇒クアラルンプール プレエコ E 5,407
6 JL724 クアラルンプール⇒成田 エコノミー S 2,904
7 JL917 羽田⇒那覇 普通席 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2,368
8 JL920 那覇⇒羽田 普通席 ウルトラ先得 1,476

2019年1月に1レグ~4レグまでを実施して、2019年2月に5レグ~8レグを実施します。

全フライトが完了した後のFOPやFOP単価は以下のようになります。

  • 運賃合計:191,077円
  • FOP合計:24,310FOP
  • FOP単価:7.9円

今回は3レグの成田→クアラルンプールのフライトについてまとめます。

フライト情報

JAL B787-9
搭乗年月 2019年1月
航空会社 JAL
フライト JL723 東京/成田(NRT) → クアラルンプール(KUL)
機材 B787-9 JA869J
クラス エコノミークラス (JAL SKY WIDER)
運賃種別 S (積算率50%)
マイル 4,256マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 2,409FOP
座席 45K (非常口席)

国際線自動チェックイン機でチェックイン

単純往復するだけなので、預け荷物はありません。また、カウンターで修行僧と思われたくなかったので、自動チェックイン機を利用しました。

搭乗券

搭乗券はレシートみたいなことペラペラの紙です。

このタイプの搭乗券、すぐボロボロになるの厄介。記念に残すなら、丁寧に扱わないといけません。

ど満席のJALサクララウンジ

朝食を食べたいので、JALサクララウンジに行きました。カレー臭が凄いのでサクララウンジは好きではないのですが、明太子を食べたかったので、サクララウンジにIN。

9:30頃のダイニングエリアは満席、順番待ちになってる。

Tekito

ナニ、この光景。。。

幸いにも回転がよく、5分程度の待ち時間で座ることができましたが。

Tekito

さーて、明太子食べよう!

相変わらずサクララウンジのカレーは人気らしく、行列になっています。まぁ、明太子な気分の私には関係ありません。

と思ったら、明太子はすぐ取れるのに、白米を取るにはこのカレーの行列に並ぶしかない。

Tekito

これじゃ、明太子ご飯にできなじゃん。

JALサクララウンジの明太子

諦めて、明太子オンリーで食べました。

非常口席を事前指定

JAL 787-9 非常口席

座席は45K、私の大好きな非常口席です!JALは、平JGCでも非常口席を事前指定できるので、気に入ってます。

B787-9のJAL SKY WIDERは、非常口席にまどが無い点が残念です。

JALエコノミーのSeatGuruの情報

Seat GuruでもB787-9の45KはGOODになっていますが、窓が無いことについては触れられてません。

JAL 787-9 非常口席

これより非常用設備についてご案内いたします。必ずご覧ください。

非常口席に座ると、緊急時のビデオが見れません。意識して見ることはほぼ無いのでアレなんですが。

JAL的に必ず見るようにアナウンスしてるのに、これで良いんだろうか。でもその代わり、CAさんがデモしてくれます。

離陸前にCAさんに話しかられました。

Tekito

まさか修行がバレたか???

と、一瞬焦りました。このときショルダーバッグを肩から斜め掛けにしていましたが、離着陸時はNGとのこと。別のところへ持って行かれてしまいました。

フライトによっては、非常口席でもショルダーバッグを斜めに掛けてればOKなときもありますが、今回はNGでした。

ちなみにこのとき、名前を呼ばれました。自分みたいなJGCクリスタルの底辺なニンゲンを名前で呼ぶなんて。どういう基準してるんだろうか。

エコノミークラスの機内食

安定飛行に入ってからの風景

離陸後はすぐに安定飛行に入り、ここから機内サービスの開始です。

おつまみとコーヒー

一番最初は、薄っぺらいおしぼりのサービスがあり、その後で、いつも通りのドリンクとあられミックスです。

機内食
機内食

エコノミークラスの機内食のメニューはこちら。

  • サーモンの柚子香る豆乳クリーム煮込み 十五穀米添え
  • 漬物を入れた和ポテトサラダ
  • 鱈とグレープフルーツのカルピオーネ
  • フレッシュサラダ ドレッシング添え
  • ラズベリーとクリームチーズのムース、米粉のタルト

メインのサーモンのクリーム煮込み美味しかったと思います。それ以外は可もなく不可もなくと言った感じでした。

白ワイン

左側のソムリエの大越氏、なんか目がイッテル感じがするのは、気のせいでしょうか。

ハーゲンダッツ

デザートのハーゲンダッツも毎度お馴染みです。

フライトの半分は消灯タイム

消灯した機内

はい、JALお約束の消灯タイム。機内を暗くして強制睡眠モードにして、サービスを省略するJALの戦術です。

(※私の推測なので、根拠はありません。)

Tekito

日中のフライトなんだから消灯しないでよ、もう。

真面目な話、ここで寝てしまうと、夜寝れなくなるんですよね。東京とクアラルンプールは1時間しか時差ないんだから、消灯はやめてほしい。

暗くて読書したり仕事すると疲れるし。

消灯されたのは日本時間の14:40でした。完全に機内が明るくなったのは、日本時間の18:20です。約3.5時間も消灯していたことになります。

フライト時間は8時間なので、地上の時間を除けは、約半分の時間は消灯していたことになりますね。

歯ブラシ

トイレに行くと、機内食前には無かった歯ブラシが置いてありました。
ほぼ満席のエコノミー席に対しては、圧倒的に本数が足りません。早いもの勝ちです。

早い者勝ちとは言え、さすが5スターエアライン。

自分はいつもサクララウンジで歯ブラシを貰っておくので、機内で歯ブラシを頂く必要はありません。

到着前の軽食

軽食

到着前の軽食はカルツォーネです。冷たい舌触りで、味は普通です。コンビニで売ってるパンに近いかと。

以上。

JL724は、11:05(日本時間)〜18:10(マレーシア時間)のフライトです。昼食と夕食の時間帯のフライトなのに、まともな機内食は昼食だけ。夕食はカルツォーネだけです。

Tekito

おいおい、全然足りないよー

ギャレーを除いても、あられミックスしか置いてありません。これでは全然足りませんでした。

軽食後は着陸するだけ

個人用モニター

軽食が食べ終わる頃には、クアラルンプールが目前となっていました。軽食のゴミをかたずけ終わると、間も無く着陸態勢に入ります。

クアラルンプール国際空港

程なくしてKULに着陸。気温は31℃で曇りです。空港から一歩も外には出ないので、天気は関係ありません。

まとめ

先程も書きましたが、フライトの半分の時間が消灯タイムというのは、納得ができません。

サービスを省略しCAさんの負担を軽減させるJALの戦術だと、勝手に思い込んでいます。

でも、そんなことよりも、日中時間帯で消灯されると、読書やPC作業がやりにくいし、眠ってしまい夜に寝れなくなるところが厄介。

東京とクアラルンプールは時差が1時間しか無いですし、長時間の消灯は本当にやめて欲しいと思ったフライトでした。

KULタッチへ続く

クアラルンプールに到着した後は、入国しないKULタッチを実行します。

乗ってきた機材で成田に戻ります。戻りのフライトはKUL発券のプレエコです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次