客層悪いエコノミークラス マレーシア航空 MH724 ジャカルタ→クアラルンプール

ジャカルタからクアラルンプールへのフライトでマレーシア航空を利用しました。エコノミークラスなので特筆することはありませんが、某大陸人のマナーが悪く、あまり気分の良いフライトではありませんでした。

目次

フライト情報

搭乗年月 2020年1月
航空会社 マレーシア航空
フライト MH724 ジャカルタ(CGK) → クアラルンプール(KUL)
機材 B737-800
クラス エコノミークラス
運賃種別 N
マイル JAL積算対象外
FOP JAL積算対象外
座席 6D

マレーシア航空のWEBサイトから発券しました。予約クラスNはJAL積算対象外の運賃。一番安い運賃だったので、JAL積算対象外でも仕方ありません。

CGKでトランジット

成田からジャカルタへのフライトは、JL725を利用しました。

飛行機から降りると、自分の名前が記載されたプレートを持っているGHさんがスタンバイしており、乗り継ぎのアテンドをしてくれます。

JL725とMH724は別々のチケットとして発券していますが、成田でMH724もチェックインしてくれました。そのため、乗継情報が連携されて、ジャカルタでアテンドしてくれたんだと思います。

ちなみに、トランジットカウンターには誰もいませんでした。呼べば係員が来るのかも知れませんが。係員がいないと、国際線の乗り継ぎはできないので、アテンドしてくれて助かりました。乗継できない場合は、一度入国する必要があるので、とっても面倒です。

ラウンジはサファイアラウンジ

成田で印刷してもらった搭乗券には、ラウンジの記載がありません。

マレーシア航空のHPで調べると、ワンワールド上級会員の指定ラウンジはサファイアラウンジとのこと。

搭乗券とJGCダイアモンドカードを握りしめ、サファイアラウンジに突入。受付の人はよくわからなかったみたいで、JGCプレミアカードと搭乗券の写真を撮って、何か確認をしている様子。

5分くらい待って、やっとラウンジに入れました。

サファイアラウンジは、JALプレエコの指定ラウンジにもなっています。

40分の遅延

搭乗は4番ゲート。空港の左側のゲートですね。

ほとんど人がいないターミナルをテクテク歩いていきます。

ゲート周辺はこんな感じ。ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港のターミナル3は、2018年秋に全面開業した新しいターミナル。空港内はとってもきれいです。

ただし、空調が聞いていないので蒸し暑いターミナル。

MH724の出発時刻は19:55なんですが、ボーディングタイムは18:55。1時間前にボーディングって、出発準備にどんだけ時間かかるんだよと思ってしまいます。

その後、出発が20:10になるとメールが届き、遅延が確定。安定の遅延ですね。東南アジア圏内のリージョナルなフライトで、さらに夜のフライトとなると、機材到着の遅れがチリ積もで大きくなる気がします。個人的な感覚ですが。

19:46にMH便がジャカルタに到着。この機材で、クアラルンプールに向かいます。

そして最新のボーディングタイムは20:00。たったの15分で出発準備できるのか謎です。きっと機内の清掃とか適当なんだろうなぁ。

実際のボーディングタイムは20:05でした。20分で準備完了。

スカイインテリア仕様のB737-800

本日の機材はB737-800です。キャビンはスカイインテリア仕様で、LED証明の明るい雰囲気です。

シートは革張りでしっかりしています。

ただし、足元のスペースは、シートポケットがもっさりしていて狭いです。JALの快適エコノミーに慣れ過ぎたためか、狭く感じます。

2時間の短距離フライトですが、一応、国際線。ちゃんとシートモニターも付いています。

ちなみに、以前利用したマレーシア航空のインド行きのフライトは、同じB737-800でもモニター無し。しかもフライト時間は4時間近くあり、不満アリアリのフライトでした。

客層が悪いフライト

最前列のバルク席には中国系が座っていました。中国語で話していたので、間違い無いでしょう。

機内に入っても出力全開の大声で電話。ドアクローズと同時に、通路側から窓側席に移動。シートも全開で倒す始末。そして、飛行機が動き出しても、シートは倒したままで電話している。

CAさんが注意して電話は止めましたが、シートは倒したまま。結局、シートを倒したまま離陸。そして、シートベルト着用サインが消える前から立ち上がってるし。

私の席から通路を挟んで反対側の席にも中国系女子。こいつも、シートベルト着用サインが消える前から立ち上がってる。

この連中には、ルールという言葉は通用しないのか。見ていてとっても不快な気分になりました。

2時間のフライトでも機内食あり

約2時間のフライトですが、国際線ということで機内食が提供されます。

このチキン、意外と美味しいです。ラウンジで食事をしたので完食はしませんでしたが、お腹が空いていれば完食してました。

40分遅れで着陸

出発の遅れを取り戻すことはできず、40分遅れてクアラルンプールに到着です。

機内アナウンスで謝罪の言葉はゼロ。謝罪の言葉をもらったところで何も変わらないのですが、心象は良くないですね。

当然ですが、先ほど登場した中国系は、シートベルト着用サインが消える前から立ち上がってますよ。てか、そもそもシートベルトしてないっぽいし。

ここまでくると、さすがと思ってしまいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次