ガラガラで快適!JAL&ANA指定の ジャカルタ サファイアラウンジ(Sapphire Lounge)

ジャカルタスカルノハッタ国際空港のターミナル3は、JALやANAなどの主に国際線が発着するターミナルです。ターミナル3には、ガルーダインドネシア航空のラウンジがあり、JALとANAの指定ラウンジになっています。

しかし、JALとANAの指定ラウンジはもう一箇所あります。それがサファイアラウンジ(SAPPHIRE Lounge)です。

サファイアラウンジに行ってきたので、どんな場所かご紹介いたします。個人的な感想としては、ガルーダインドネシア航空のラウンジよりも快適でした。

目次

SAPPHIRE Loungeについて

利用資格

航空会社利用資格
JAL便
  • ビジネスクラス
  • プレミアムエコノミークラス
  • エコノミークラス(Flex Y運賃)
  • ワンワールド・サファイア以上(JGC含む)
ANA便
  • ビジネスクラス
  • プレミアムエコノミークラス
  • スターアライアンスゴール(SFC含む)
その他
  • 有料利用(USD39.00/2h)

SAPPHIRE Loungeは、Plaza Premium Loungeにより運営されています。有料での利用も可能です。詳細はPlaza Premium Loungeのサイトをご確認ください。

アクセス

SAPPHIRE Loungeの地図
JALホームページより

出国審査を通過したら2階に降ります。2階は搭乗口があるフロアです。2階に着いたら、左手(1番ゲート方面)に向かいます。

7〜8番ゲート付近にもSAPPHIRE Loungeがあります。こちらはプライオリティパスで利用できるラウンジであり、JALやANA指定のSAPPHIRE Loungeではありません。スルーしましょう。

SAPPHIRE Loungeは5番ゲート付近にあります。 

SAPPHIRE Lounge訪問

ラウンジエリア

たぶんですが、JALやANAのラウンジ入室対象者は、ガルーダインドネシア航空ラウンジに行っていると思われます。

普通に考えたら、地元航空会社が運営するラウンジの方が豪華だと考えて、ガルーダインドネシア航空ラウンジに行きますよね。

確かにガルーダインドネシア航空ラウンジの方が広々していて豪華なんですが、その分、JALやANAの搭乗者と思われる日本人が大量に集まってきます。なかには宴会のノリで飲んでいるサラリーマンもいたため、はっきり行って、くつろげるラウンジではありません。しかも空調が聞いておらず、蒸し暑いです。

と言う訳で、ガルーダインドネシア航空ラウンジに行っているためか、サファイアラウンジはガラガラ。とても静かで落ち着く空間でした。サファイアラウンジの広さはガルーダインドネシア航空ラウンジ程ではありませんが、空いているので席に困ることはありませんでした。

ラウンジは駐機場に面しており、窓からは飛行機を見ることができます。暗くて分かりにくいですが、ANAの機材が写り込んでますね。

開放感があっていい感じです。

ダイニングエリア

ダイニングエリアは、ラウンジの奥にあります。ビュッフェのメニューは多くなく、この写真に写っている範囲が全てです。

ビュッフェはガルーダインドネシア航空ラウンジに軍配が上がりそうですね。

ソフトドリンクやコーヒーは自由に飲むことができます。アルコール類はバーカウンターで注文できます。

シャワールーム

サファイアラウンジにはシャワールームもあります。

ガルーダインドネシア航空のラウンジのシャワールームと比較すると、圧倒的にサファイアラウンジのシャワールームの方が快適です。

私かガルーダインドネシア航空のラウンジのシャワールームと比較して、快適だと感じ点はこちらです。

シャワールームで快適な点
  • 広々している
  • 綺麗に清掃されている
  • 換気されている
  • ドライヤーがある
  • 水圧が強い

こちらは、入口側を撮影した写真です。先ほどのシャワールーム側の写真と合わせて、どの程度の広さかわかるかと思います。着替えをするスペースは十分ですし、小型のスーツケースであれば広げることが可能です。

ガルーダインドネシア航空ラウンジのシャワールームは、狭すぎて全体を写すことができませんでした。

見ての通り、清潔な感じですね。実際に綺麗に清掃されていました。

写真からは分かりませんが、換気扇もついており、シャワーを浴びた後の湯気はちゃんと換気されていました。ガルーダインドネシア航空ラウンジは換気がされておらず、シャワーを浴びてスッキリしたら、湯気で汗だくになりました。サファイアラウンジのシャワールームなら、そのようなことはありません。

サファイヤラウンジにはドライヤーが完備されていました。ガルーダインドネシア航空ラウンジにはドライヤーはありません。女性や髪を労る男性であれば、サファイアラウンジの方が良いですね。

シャワーの水圧は気になることはありませんでした。少なくとも、ガルーダインドネシア航空ラウンジよりは強いです。

まとめ

JALやANAのラウンジ入室対象者は、ガルーダインドネシア航空ラウンジに行っているためか、サファイアラウンジはガラガラ。とっても快適に過ごせるラウンジでした。(もちろん時間帯によります)

また、シャワールームも綺麗で換気もされているので、不快感が全くありませんでした。ガルーダインドネシア航空ラウンジには無いドライヤーも完備されてます。フライト前にサッパリしたければ、絶対にサファイアラウンジの方が快適だと感じました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次