ジャカルタ経由は良いこと無し、マレーシア航空&JALプレエコでクアラルンプールからジャカルタ経由で成田

クアラルンプールからジャカルタ経由で成田へ。普通の人は、こんなルートにしないと思います。

私はジャカルタ発券のフライトと組み合わせる必要があり、仕方なくクアラルンプール⇒ジャカルタ⇒成田のフライトとなりました。

クアラルンプールのゴールデンラウンジでゆっくりしたあと、マレーシア航空でクアラルンプールからジャカルタへ。ジャカルタから成田はJALプレエコを利用しました。

東南アジアの空港の中では、ジャカルタは満足度低め。しかも、航空会社によっては一度入国しないといけません。敢えてジャカルタ経由にする必要は、普通なら無さそうです。

目次

クアラルンプールからジャカルタはマレーシア航空を利用

KULのチェックインカウンターはBUSINESS SUITE

マレーシア航空のBUSINESS SUITEはファーストクラス相当。JGCダイアモンドの私はBUSINESS SUITEのチェックインカウンターを利用可能です。

ファーストクラス相当っぽく、椅子やテーブルも置いてあります。

チェックインカウンターには誰も並んでいません。GHさんもほとんどいませんでした。昼間なので人が少ないのかもしれません。

MH723(KUL→CGK)とJL726(CGK→NRT)は別々の航空券として発券しています。チェックインカウンターで成田まで発券できるか聞きました。

答えはNO!

マレーシア航空もJALも同じワンワールド。それでも発券してくれません。やる気無いGHに早くもイライラさせられます。

ゴールデンラウンジ サテライト ファーストクラスラウンジ

クアラルンプール国際空港は何回も来ており、目新しさはありません。

しかーし、唯一の楽しみはゴールデンラウンジ・ファーストに行けること。

クアラルンプール国際空港は、ワンワールド加盟のマレーシア航空のハブ空港であり、マレーシア航空が運営するゴールデンラウンジがあります。

しかも、ファーストクラス利用者や、ワンワールドエメラルドしか利用できない、ファーストクラスラウンジもあり。

2019年のJGC修行の末、身の丈に合わないダイアモンドステータスを手に入れた私は、もちろんファーストクラスラウンジに行きます。

ファーストクラスラウンジなので、ダイニングエリアでオーダー形式の豪華な料理を頂けます。

にもかかわらず、灼熱のクアラルンプールで飛行機撮影していたため、体力を奪われており、全く食欲が湧きません。

普通にラウンジエリアでリラックスして体力回復します。

昼間のファーストクラスラウンジはガラガラ。私以外には1人しかいませんでした。

ビュッフェのメニューは非常に少ないです。食事をしたければ、ダイニングエリアに行った方がよさそう。

ビュッフェで気楽に食事をしたければ、ビジネスクラスラウンジに行くのもありです。

シャワーを浴びてさっぱりします。

シャワーの水圧は弱く感じましたが、利用上は問題ありませんでした。シャンプーやアメニティー類も置いてあります。私は利用しなかったため、使用感はわかりません。

ドライヤーはスタッフの人に頼むと貸し出してくれます。

ゴールデンラウンジ リージョナル

KUL→GCKは約2時間のリージョナルなフライトです。そのため、搭乗ゲートはリージョナルフライトの発着が多いメインターミナルです。ファーストクラスラウンジがあるサテライトターミナルからメインターミナルに戻ります。

メインターミナルにはゴールデンラウンジリージョナルがあります。こちらはビジネスクラス相当のラウンジです。折角なので覗いて見ることにしました。

混雑している感じはありませんでした。

軽くお菓子を食べて飛行機に向かいます。

MH723 クラルンプール → ジャカルタ

搭乗年月 2020年1月
航空会社 マレーシア航空
フライト MH724 ジャカルタ(CGK) → クアラルンプール(KUL)
機材 B737-800
クラス エコノミークラス
運賃種別 S(JAL積算率 25%)
マイル 181マイル(JAL積算)
FOP 181FOP(JAL積算)
座席 5C(バルク席)
備考

フライトでは、隣の家族に自分が指定した窓側席を奪われ、しかも子供が始終騒いでいて、落ち着けないフライトでした。

ジャカルタに到着。トランスファーデスクがありましたが誰もいません。これでは話になりません。仕方ないので一度入国することに。

イミグレーションでは旅行か仕事か、何日滞在について聞かれました。トランジットで、今日出発すると伝えたら、怪しまれることなく通してくれました。

ジャカルタでトランジット

チェックイン

ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港のターミナル3出発ロビーに到着したのは18:00。チェックイン開始の19:00まで待ちます。

ターミナル3はとてつもなく蒸し暑い。空調が全然効いていないです。ターミナルは綺麗だけど、全体的に薄暗い。照明といい、空調といい、節電してる感じがあります。

チェックインカウンター周辺のベンチには、我先に並ぼうとしているJAL搭乗の日本人が群がっています。

GHさんが乗客が並ぶためのレーンを準備して、18:40になると、チェックインカウンターに乗客が並び始めます。

ダイアモンドのレーンの最前列には、エコバッグだけ持った軽装の人が並んでいました。なんとなく修行僧っぽい感じ。

出国審査は質問されることなく通過。つい1時間前に入国したばかりですが、何事も無くて一安心。

ちなみに、隣の列で出国審査をしていた修行僧っぽい軽装の人は、色々何か質問されている様子であり、スマホを見せて色々やりとりしていました。

やはり短時間の滞在の場合は、入国しないタッチが一番無難です。

ガルーダインドネシアラウンジ

ジャカルタのJAL指定ラウンジは2か所あります。

JAL指定ラウンジ
  • ガルーダインドネシアラウンジ
  • サファイアラウンジ

まずはガルーダインドネシアラウンジに行きます。前回来た時は、激混みで、空調が効いていなくて蒸し風呂状態。かなりディスりました。

今回は空いており、ダイニング付近で席に困ることは無かったです。しかし、相変わらず空調は効いておらず暑い。これはラウンジの問題というよりは、空港全体の問題だと思います。出発ロビーも蒸し暑いですし。

サファイアラウンジ

ガルーダインドネシアラウンジのシャワーがダメダメなのは前回確認済み。換気扇は効いていないしドライヤーも無いし。

シャワーを浴びるためサファイアラウンジへ移動します。前回サファイアラウンジに行った時は、シャワールームは換気されており、ドライヤーもあったので快適でした。

でも、再度シャワールームを利用してみると、色々ダメダメなところがありました。

スーツケースを開けるには狭い。ハンガーが無い。カバンを置く台が無い。

床には虫の死骸が2つありやした。ちゃんと清掃されてない可能性が高いです。

そして今回は換気が弱く、シャワーを浴びると蒸し暑くなり汗をかく羽目に。ドライヤーの熱風で更に汗が吹き出ます。

ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港は蒸し暑いし、ラウンジのクオリティーは低いので、満足度は低いです。

JALプレエコでジャカルタから成田へ

前回2019年7月に利用したときはガラガラでした。

そして今回もプレエコはガラガラ。隣は空席なので快適に過ごせそうです。

夜間のフライトのため、離陸前の機内は真っ暗になります。

夜のジャカルタは明るいです。

離陸後のドリンク

サファイアラウンジでシャワーを浴びましたが、空港は全体的に蒸し暑く、結局汗かいずっと不快な感じでした。

離陸後のシャンパンで体をクーリングします。冷えたシャンパンはいいですねー。

でも、JALプレエコのシャンパンは泡が強く、口当たりは微妙。私は2杯目は無理。

離陸後の機内食

日本時間 0:00、夕食の機内食がスタート。あとは寝るだけだというのに、今からしっかりとした機内食は無理。ほとんど食べずに終了。

カカオでコーティングされたナッツは美味しいですね。

そのまま寝てしまいました。

着陸前の軽食

日本時間 05:00、機内が明るくなります。

朝食はパン。はっきり言って、これだけでは昼まで持ちません。

夕食と朝食の機内食のバランスが完全に逆。クアラルンプール線だと、夕食は軽めで、朝食は普通の機内食です。ジャカルタ線も同じようにすれば良いのに。

成田空港に着陸

軽食タイムが終了すると機内は再び真っ暗になり、成田空港着陸に向けてアプローチしていきます。深夜便なので、食事以外は真っ暗に消灯されてました。

06:08 成田空港に着陸。外はまだ真っ暗です。

出発ロビーのコインロッカーに荷物を預けていたため、出発ロビーに行きました。6:30頃の出発ロビーはガラガラです。チェックインカウンターも、まだ誰もいません。

ジャカルタ経由は良いこと無し

今回はジャカルタ発券をしているため、クアラルンプールからジャカルタ経由で成田へのフライトになりました。

マイル積算や運賃によっては、ジャカルタ経由を考える人もいるかもしれませんが、おススメはできません。

航空会社によっては、一度インドネシアに入国が必要です。また、ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港は、ラウンジが充実しておらず、空調が効いていないので、快適とは言えません。

余程の理由がない限り、ジャカルタ経由でのフライトは、避けた方が良いと思いました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次