ガラガラのプレエコで快適!JL726 ジャカルタ→成田 JAL SKY PREMIUM

JALのジャカルタ発券プレエコは、国内発券と比べると割安でヨーロッパまで行けます。プレエコなので積算率は100%、JGC修行にも利用可能です。

2019年夏はJALのジャカルタ発券プレエコで、エアバスの本拠地であるトゥールーズに行くことにしました。

今回の搭乗記は、1フライト目のJL726 ジャカルタ→成田 プレエコの搭乗記です。プレエコはガラガラで搭乗率は20%。隣席も占有できて快適なフライトでした。

目次

運賃 & FOP単価

ジャカルタ発券を利用して、ロンドン経由でトゥールーズまで行きます。以下のフライトをJALのジャカルタサイトより発券しました。

No 便名 区間 クラス 運賃種別 FOP
1 JL726 ジャカルタ⇒成田 プレエコ E 5,818
2 JL7081
(BA6)
成田⇒ロンドンヒースロー プレエコ E 6,614
3 BA376 ロンドンヒースロー⇒トゥールーズ エコノミー H 388
4 JL42 ロンドンヒースロー⇒羽田 プレエコ E 6,614
5 JL725 成田⇒ジャカルタ プレエコ E 5,818
運賃 & FOP単価
  • 運賃合計:236,699円
  • FOP合計:25,252FOP
  • FOP単価:9.4円/FOP

TLS→LHRも込みで発券しましたが、運悪くブリティッシュエアウェイズの大規模ストライキと重なり、フライトキャンセルに。

そのため、TLS→LHRは抜いています。JALのオペレーターの話によると、後日払い戻ししてくれるとのことです。

フライト情報

搭乗日 2019年7月
航空会社 JAL
フライト JL726 ジャカルタ(CGK) → 東京/成田(NRT)
機材 B787-9 JA872J
クラス プレミアムエコノミークラス (JAL SKY PREMIUM)
運賃種別 E (積算率100%)
マイル 7,405マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 5,818FOP
座席 20A
備考 ジャカルタ発券

ジャカルタスカルノハッタ国際空港

チェックイン

ジャカルタのJALのチェックインカウンターは、ターミナル3 国際線チェックインカウンターC01~06番です。JL726は19:00からチェックイン開始です。

KLMでクアラルンプールからジャカルタに到着したのが17:30ころ。預け荷物を受け取り、着替えをしても、まだ18:00でしたので、チェックインまで1時間待つ必要があります。

しばらくベンチに座って待っていましたが、18:30になると徐々に搭乗客が並び始めました。

ラウンジ

JALの指定ランジは、Garuda Indonesia Business LoungeSAPPHIRE Loungeの2カ所です。

最初にGaruda Indonesia Business Loungeに行きましたが、混雑と蒸し暑さで、あまり快適ではありませんでした。

Garuda Indonesia Business Loungeは早々に後にして、SAPPHIRE Loungeに行くことに。SAPPHIRE Loungeの方がガラガラで空調も聞いていて、とっても快適。

ジャカルタでラウンジに行くなら、SAPPHIRE Loungeの方が良さそうでした。

フライト

JAL SKY PREMIUM

JALの成田=ジャカルタ線はダブルデイリーで運行されており、フライトによって機材が異なります。

ジャカルタ線の機材
  • JL729/JL720:B767-300ER(SKY SUITE 767)
  • JL725/JL726:B787-9(SKY SUITE 787)

B767-300ERにはプレエコが設定されていません。一方、今回搭乗したJL726のB787-9(203席仕様)には、プレエコが設定されています。

JAL B787-9 シートマップ(203席仕様)
JAL B787-9 シートマップ(203席仕様)

機体中央から後ろ5列がプレエコのシートです。2-3-2のレイアウトで合計で35席あります。エコノミークラスは2-4-2のレイアアウトなので、プレエコの方が1列分余裕がありますね。シートピットも広いです。

本日の座席は17Aのバルク席を予約していました。やっぱりバルク席は人気があり、隣席にも乗客がいました。

ですが、本日のプレエコはガラガラで、CAさんに空いている後方座席への移動をススメられました。

確かにプレエコはガラガラで、乗客は7名しかいませんでした。チェックインカウンターでプレエコのへのアップグレードの案内が置いてありましたが、CAさんの話だと、予想よりも埋まらなかったとのこと。

以前に成田→ジャカルタ線のビジネスクラスに搭乗したときも、ガラガラの空気輸送状態でした。

もちろん時期や曜日にもよると思いますが、クアラルンプールなど他の東南アジアよりも空いている印象があります。

上の写真はプレエコ最後部の21AB席ですが、ラバトリーが近いため、CAさんは20AB席をアサインしてくれました。

と言う訳で、2席をゆったりと使うことができます。

後ろから前列シートを見下ろした様子です。前列も乗客がいないので、アメニティー類はそのまま放置されてました。

足元のスペースは広々しており、身長170cmの私は余裕で脚を組めます。

通路側の座席だと、足元にはシートを固定する金具があります。リュックなどの大きめの手荷物だと、足元に置くのは厳しいかもしれません。

窓側席だと、シートを固定する金具は左端にあるので、邪魔にはなりません。

左右のシートの間には、メッシュ状の小物入れがあります。スマホを充電しながら置いたり、メガネケースを入れるのにちょうど良い感じです。

しかし、JALのホームページではペットボトルホルダーとして掲載されています。ペットボトルを入れるには少々窮屈です。

離陸

離陸前にはペットボトルの水が配られました。JALプレエコだと、ロングホールもショートホールもウェルカムドリンクは無く、ペットボトルの水が配られるだけです。

離陸中は機内が一旦消灯します。

離陸後の機内食

現地時間の22:30過ぎに機内食がスタート。

離陸後の機内食メニュー
  • 鶏肉餡掛けのヌードル
  • 胡瓜と人参のマリネサラダ
  • そば
  • バリ産カシューナッツ
  • 杏仁豆腐 ハイビスカスティーゼリー
  • ヤクルト

このときの時刻は現地時間の22:30過ぎ。もう寝るだけなので軽食だけかと思いきや、しっかりとした機内食が提供されました。

Tekito

おいおい、さっきラウンジ乞食して満腹だよ。こんなに食べれるかー。

ラウンジで食事を済ませており、完食はできませんでした。

クアラルンプール→成田線も同じような時間帯のフライトで、離陸直後は軽食だけ。しっかりとした機内食は朝食の時間帯に提供されます。ジャカルタ→成田線もこのパターンで良い気がしました。

こちらの鶏肉餡掛けのヌードルは、甘い感じの味付けで美味しかったです。ただ、小鉢でそばも提供されているので、ダブル麺類はどうかと思いました。

ヤクルトやカシューナッツで、適度にプレートの空白部分を埋め合わせているようにも思えますね。

着陸前の軽食

着陸前の軽食メニュー
  • スモークチキンマヨネーズロール
  • うどんですかい

到着前の軽食の時間は決まっていません。消灯前にスモークチキンマヨネーズロールが配られるので、好きなタイミングで食べます。CAさんがススメてくれたので、うどんですかいは追加注文してます。

Tekito

朝食はこれだけかぁ。これじゃあ、お昼まで持たないよ。

このときは日本時間の6:00過ぎ。日本に到着してから行動することを考えると、物足りない軽食です。

まとめ

プレエコはもともと広々しているので、実は2席占有しなくても、スペースは広々しているんですよね。隣がいないことにより、快適性が格段に上がっていると思います。

寝て起きれば、もう到着1.5時間前くらいにはなっていたので、フライトの印象は全くありません。気になったのは、機内食の量が深夜と早朝で逆転しているくらいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次