深夜のプレエコに価値はあるのか? JL724 クアラルンプール→成田 プレエコ

クアラルンプール国際空港 C34ゲート

JGC修行を兼ねて、以前から訪れてみたかったピマ航空宇宙博物館へ行くことにしました。

ピマ航空宇宙博物館は、アメリカのアリゾナ州ツーソンにあります。アメリカへのフライトは、クアラルンプール発券を利用すると、FOP単価がとっても良くなります。

と言う訳で、クアラルンプール発券を利用して、ツーソンまで行くことにしました。今回は最初のフライトとなるJL724 クアラルンプール→成田 プレエコの搭乗記です。

目次

フライト & FOPサマリー

No 便名 区間 クラス 運賃種別 FOP
1 JL724 クアラルンプール⇒成田 プレエコ E 5,407
(東京ストップオーバー:2週間)
2 JL12 成田⇒ダラス・フォートワース プレエコ E 6,836
3 JL7426 ダラス・フォートワース⇒ツーソン エコノミー H 972
4 JL7563 ツーソン⇒ロサンゼルス エコノミー H 716
5 JL61 ロサンゼルス⇒成田 プレエコ E 5,858
(東京ストップオーバー:4ヵ月)
6 JL723 成田⇒クアラルンプール プレエコ E 5,407

全フライト完了後のFOPとFOP単価は以下のようになります。

  • 運賃合計:224,293円
  • FOP合計:25,196FOP
  • FOP単価:8.9円/FOP

今回の搭乗記は、1レグ目のJL724 クアラルンプール→成田 プレエコについてです。

フライト情報

クアラルンプール国際空港 C34ゲート
搭乗年月 2019年3月
航空会社 JAL
フライト JL724 クアラルンプール(KUL) → 東京/成田(NRT)
機材 B787-9 JA871J
クラス プレミアムエコノミークラス (JAL SKY PREMIUM)
運賃種別 E (積算率100%)
マイル 5,174マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 5,407FOP
座席 17A (バルク席)
備考 クアラルンプール発券

カオスな優先搭乗

クアラルンプール国際空港 C34ゲート
GH

お待たせいたしました。

エメラルド軍団が一斉に流れ込みます。シワシワなジャケット着て、酔っ払い気味なサラリーマンが多いこと。

あとは飛行機とは無縁そうな老人。周りを見てオドオドしながら搭乗してる。この人たち、絶対にエメラルドじゃ無いだろうって感じでした。

マレーシアの地上係員は適当なので、搭乗券のチェック無しに優先搭乗が進みます。

エメラルドは25人でした。成田でも30人前後だったので、妥当な人数かと思いました。

GH

続きまして、

アナウンスを最後まで聞くことなく、搭乗口付近にグチャッと集まってたサファイア軍団が一気に流れ込みます。

と言う私も、一緒に流れ込みました。

JAL SKY PREMIUMのバルク席

JAL B787-9 シートマップ

成田=クアラルンプール線には、B787-9(203席仕様)が導入されています。Cコンパートメントがプレエコになっています。JAL SKY PREMIUMという名称のプレエコです。

シート

バルク席の17Aを指定しました。

プリセット

枕、ノイズキャンセリングヘッドフォン、ブランケット、アメニティーセットがプリセットされています。

バルク席

バルク席のため、足元は広々です。非常口席ではなく、正面にはビジネスクラスとの境目のパーティションになっています。

サイドテーブル

ドリンク用のサイドテーブルです。通常座席よりもサイドテーブルのサイズは小さめです。

通常座席では、左右の座席で共用のサイドテーブルです。その一方でバルク席は、左右で個別のサイドテーブルが設置されてます。

読書灯

読書灯とプライバシーパーティション。

プライバシーパーティションのおかげで、隣席の人の顔は見えません。手元など、顔以外は丸見えです。

プレエコのアメニティー

アメニティー

プレエコのアメニティーは、ビニール製の袋に入れて提供されます。

アメニティー
  • マスク
  • アイマスク
  • 歯ブラシセット
  • 耳栓

袋の中身はいつもの4点セットです。

あとはスリッパですね。

私が利用したのはスリッパだけでした。歯ブラシも使いましたが、こちらは成田のサクララウンジでもらったものを使いました。

消灯前の軽食

ペットボトルの水

離陸前にペットボトルの水も提供されました。ペットボトルの水はエコノミークラスでも提供されるため、プレエコならではサービスと言う訳ではありません。

ローストチキンとチーズのサンド

軽食はローストチキンとチーズのサンドです。味は普通です。

いつもなら、軽食を食べ終わりゴミの回収が終わると、すぐに消灯してしまいます。

しかし今回はちょっと違いました。

CA

うどんはいかがですかぁ?

寝る前にうどんですかいをCAさんから持ちかけられました。これはいつもと違う展開です。

うどんですかい

お腹は空いていませんが、食べないと損した気分になるため頂くことに。確実に太った。

うどんですかいを食べたあとは、寝てしまいました。

機内食

日本時間の3:55に機内が明るくなりました。ここから朝食の機内食スタートです。

機内食
  • アスパラガスのオムレツ スモークチキンスライス添え
  • コールスローとチキンハム
  • フレッシュフルーツ
  • ヨーグルト 蜂蜜掛け
  • クロワッサン

メインはオムレツです。1月、2月、3月の毎月、JL724(KUL→NRT)のエコノミーかプレエコに乗っています。若干バリエーションは違いますが、いつもオムレツです。

KUL発の機内食は期待できません。

1番美味しいのはうどんですかい、2番目が軽食のサンド、3番目がクロワッサンです。その他の機内食は全て微妙です。

Tekito

もう朝食は、うどんですかいとドリンクだけでいいよ。

九州の沖合に差し掛かる頃には、機内食は全て終了しました。ここからは機内食でお腹が満たされてため、再び寝てしまいました。

着陸前の風景

次に目覚めたときは、着陸の準備でリクライニングなどを元に戻すタイミングでした。

まとめ

大半の時間を寝ているため、フライトを楽しむという感じではありませんでした。

以前にも書きましたが、寝るだけならエコノミーで十分だと思いました。

フルフラットで横になって寝たいならビジネスクラスに乗るしかありませんが、個人的にはエコノミーとプレエコでは寝心地の違いを感じませんでした。

私はFOP単価を考慮してプレエコに乗りました。これがFOPを考慮する必要がない単なる旅行フライトであれば、値段が安いエコノミーを選ぶと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次