プレエコでもロングフライトは苦行 JL61 ロサンゼルス→成田 JAL SKY PREMIUM

JAL B777-300ER

アリゾナ州ツーソンにあるピマ航空宇宙博物館(PIMA AIR & SPACE MUSEUM)で、日本を爆撃したB-29や、ANAの塗装が施されたB787の試験機を見学しました。

ピマ航空宇宙博物館の見学を終えたので、ここからは日本に戻ります。ツーソンから日本への直行便はもちろん無いので、ロサンゼルスを経由して日本に戻ります。

ツーソン→ロサンゼルスへのフライトは、アメリカン航空を利用しました。

今回はJL61 ロサンゼルス→成田線プレエコの搭乗記です。

目次

フライト & FOP サマリー

No 便名 区間 クラス 運賃種別 FOP
1 JL724 クアラルンプール⇒成田 プレエコ E 5,407
(東京ストップオーバー:2週間)
2 JL12 成田⇒ダラス・フォートワース プレエコ E 6,836
3 JL7426 ダラス・フォートワース⇒ツーソン エコノミー H 972
4 JL7563 ツーソン⇒ロサンゼルス エコノミー H 716
5 JL61 ロサンゼルス⇒成田 プレエコ E 5,858
(東京ストップオーバー:4ヵ月)
6 JL723 成田⇒クアラルンプール プレエコ E 5,407

全フライト完了後のFOPとFOP単価は以下のようになります。

運賃 & FOP単価
  • 運賃合計:224,293円
  • FOP合計:25,196FOP
  • FOP単価:8.9円/FOP

今回の搭乗記は、5フライト目のJL61 ロサンゼルス→成田 プレエコです。

フライト情報

JAL B777-300ER
搭乗年月 2019年3月
航空会社 JAL
フライト JL61 ロサンゼルス(LAX)→ 東京/成田(NRT)
機材 B777-300ER JA732J
クラス プレミアムエコノミークラス (JAL SKY PREMIUM)
運賃種別 E (積算率100%)
マイル 8,460マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 5,858FOP
座席 17K (非常口席)
備考 クアラルンプール発券

ロサンゼルス国際空港

個人的なLAXの記憶

ロサンゼルス国際空港を利用するのは約10年ぶり。2007年から2010年にかけて、トム・ブラッドレー国際線ターミナル(TBIT)は改装工事が行われていました。そのため、前回は確かボロいターミナルを利用した記憶があります。

当時はまだ学生で、自分がこんなに飛行機に乗り、仕事とプライベートを含めて、こんなに海外に行くようになるとは思ってもいませんでした。

ターミナル移動

さて、昔話はこの辺にして現実に戻ります。

ツーソンからのフライトで、LAXの国内線ターミナルに着きましたが、自分がどのターミナルにいるのか全く分かりません。周りを見渡しても、ターミナル番号の表示も無ければ、TBIT行きのバスの案内もありません、

ターミナルは小さく、ここを抜け出すにはバスに乗るしか無さそうです。TBIT行きとは書いてないけど、バゲージクレームの表記があるバスに乗り込んでターミナルを脱出しました。

バスを降りると、TBIT行きの表記があり、表記に従い歩きます。10分くらい歩いて、やっとTBITに到着しました。

Tekito

LAXって、広くて、やたらと歩かされる空港だなぁ。

アメリカの出国ルールを知りませんが、特に出国審査やパスポートチェックなどすることなく、TBITの制限エリアに到着してしまいました。

ボーディング

搭乗口

搭乗口付近は、成田行きの乗客で溢れかえっており、座ることができませんでした。

他の搭乗口付近で座っていると、GHさんからのお呼出が。。。

実は、帰りのLAX→NRTのフライトは、ビジネスクラスのアップグレード空席待ちをしてました。しかし、空席が出ることはなく、フライト前日に空席待ちは強制キャンセルに。

そんな背景もあり、もしやと思い期待しながらGHのいるカウンターへ向かいました。

しかし、残念ながらアップグレードではありませんでした。非常口席を指定しており、非常口席の注意事項を渡され、搭乗券とパスポートのチェックをされただけでした。

残念すぎます。

フライト

JAL SKY PREMIUM

非常口席

座席はプレエコ(JAL SKY PREMIUM)の17Kです。最前列の非常口席です。

B787-8やB787-9だとプレエコの最前列はバルク席となりますが、B777-300ERだと非常口席となります。

ここ最近は、JAL国際線はB787シリーズがほとんどで、B777-300ERの国際線に乗るのは2年ぶりです。

B787に乗り慣れていると、B777-300ERは機内が薄暗く、時代を感じさせられます。

JALのB777-300ERは、ファーストクラス付きのフラッグシップ機材ですが、普通にビジネスクラス以下のクラスに乗るなら、私はB787の明るい機内の方が好みですね。

写真はありませんが、シートの上にはプリセットとして、いつもの6点が置いてありました。

プリセット
  • ノイズキャンセリングヘッドフォン
  • スリッパ
  • アメニティーポーチ
  • ブランケット
  • 機内食のメニュー

アメニティーセットの中身はこちらの4点です。

アメニティーセットの中身
  • マスク
  • アイマスク
  • 耳栓
  • 歯ブラシセット

機内食

離陸後のドリンク

機内からの景色

安定飛行に入ると、ドリンクのサービスが始まりました。

プレエコでは、プレエコ限定のドリンクとしてシャンパン、焼酎、ペリエを注文できます。ここは限定ドリンクを飲まない訳にはいきません。

シャンパン

と言う訳で、シャンパンをオーダーしました。

これから機内食も始まるのに、なぜか照明が少し暗くなっていますね。

離陸後の機内食

現地時間15:30、機内食がスタートします。

洋食と和食を選ぶことができます。アメリカ発の和食は期待できないと思い、洋食を選びました。

機内食
離陸後の機内食メニュー
  • ハニーマスタードチキン
  • ビーフパストラミと玉子サラダ
  • 茶そば
  • フレッシュサラダ
  • フレッシュフルーツ
ハニーマスタードチキン

ハニーマスタードチキンは少し脂っこいですね。マッシュポテトが胃にずっしりきます。

ラウンジで軽く食べていたこともあり、メインディッシュのハニーマスタードチキン以外は手をつけることができませんでした。

メインディッシュの感想は、個人的には脂っこく味しくはありませんでした。ただし、クアラルンプール搭載の機内食よりは圧倒的にマシましなレベルでした。

現地時間16:20、食後のデザートを頂きました。

デザート
デザート
  • オーガニックアイスクリーム

アメリカサイズでボリュームがあり、いい感じです。でも確実に太ります。

到着前の軽食

日本時間15:15、到着前の軽食がスタートしました。

軽食
到着前の軽食メニュー
  • スパゲッティナポリタン
  • チーズとクラッカー
  • フレッシュフルーツ
  • ヨーグルト
スパゲッティナポリタン

甘めな味付けのナポリタンです。ソースがコッテリしていて、食っちゃ寝している今の状況では、完食することができませんでした。全般的に機内食が重たいです。

お腹が空いていれば、完食できる味だったと思います。

ラバトリーはビジネスクラス用を利用

後方のトイレに行こうとすると、外国人男性CAさんとカートが邪魔でトイレにいけません。この男性CAさんに、前方のトイレを使うように言われました。

でも、前方はビジネスクラスであり、カーテンで仕切られていて、「化粧室は後方にあります。」の札が付いてます。

ビジネスクラスとの仕切りのカーテン

この日本語を意訳すると、「ここから先はビジネスクラス専用だから、プレエコとかエコの貧乏人は入って来るなよ。」と読めます。

そのためトイレには行かず、諦めて席に戻りました。そうしたら、男性CAがやってきて、カーテン開けて案内してくれた。

それを見たためか、何人かのプレエコかエコの乗客が後に続いて、ビジネスクラスのトイレを使い始める始末。最終的には着陸までずっと。

プレエコ客の自分としては使えるトイレが多い方が良いですが、ビジネスクラスの乗客からしたら、意図せぬトイレ渋滞が発生して邪魔だったのではないでしょうか。

プレエコのシートがフィットせず

行きのフライトの搭乗記でも書きましたが、リクライニングすると、JALプレエコのシートが身体に全くフィットしません。お尻と腰が痛い。なので、寝てるときもちょいちょい目が覚めて、体制を変える必要がりました。

Tekito

マジでこのシート、苦行だわ。

個人の感想です。

シートモニターは小さめ

北海道に差し掛かったタイミングで、やっとシートモニターを取り出しました。非常口席なので、シートモニターは肘掛から取り出す必要があります。

シートモニター

B787-9のプレエコと比較すると、一回り小さく古い感じのシートモニターでした。

JAL国際線のフラッグシップであるB777-300ERとはいえ、B787シリーズと比較すると時代を感じてしまいます。

まとめ

搭乗記として個人的な感想やメモをツラツラと書きましたが、一言で言うと「辛いフライト」と言うのが率直な感想です。

フライトを楽しめる要素も無く、寝ようと思ってもリクライニング時のシートが身体にフィットしなかったりと、とにかく11.5時間のフライトが辛かった。

また、1月から3月のフライトで、JALプレエコは4回目。さすがにJALプレエコに飽きてきたのも要因だとは思います。

しばらく、JALプレエコは自粛しようかなと。で、今回のクアラルンプール発券の最終フライトとなる成田→クアラルンプール線は、プレエコからビジネスクラスへアップグレードしてしまいました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次