旧式シートでも非常口席なら快適 JAL JL18 成田→バンクーバー エコノミークラス

ボーディングブリッジから撮影したB787-8

念願だったボーイングのエバレット工場見学に参加するた、シアトルに行ってきました。(エバレット工場見学の記事はまた別途)

ANA、ユナイテッド航空、デルタ航空ならシアトルまで直行便がありますが、JALは直行便がありません。(2018年9月時点)

ですが、今年のフライトはJALに寄せているため、敢えてJALを利用して成田→バンクーバ→シアトルの乗り継ぎでシアトルを目指しました。

今回は、1フライト目のJAL JL18 成田→バンクーバー エコノミークラスの搭乗記です。JAL SKY WIDERではない名も無き旧式シートですが、非常口席に座ったため快適なフライトでした。

目次

フライト情報

成田空港第2ターミナル75番搭乗口
搭乗年月 2018年9月
航空会社 JAL
フライト JL18 東京/成田(NRT) → バンクーバー(YVR)
機材 B787-8 JA834J
クラス エコノミークラス
運賃種別 S (積算率50%)
マイル 5,500マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 2,741FOP
座席 45K (非常口席)

成田空港 Admirals Club

今回はサクララウンジではなく、アメリカン航空のAdmirals Clubに行きました。北米路線なので、何となくアメリカンな感じで行こうかなと。

寿司とデザート

カリフォルニアロール的な巻きものとデザートを一緒の皿に盛り付ける、和を完全無視したラウンジ食から、今回の旅はスタートします。

全くもって、どうでもよい話ですが。。。

優先搭乗

成田空港第2ターミナル75番搭乗口

搭乗口は75番。第2ターミナルの一番端に位置しています。階段を降りたところに搭乗口がありますが、階段を降りる前にパスポートと搭乗券のチェックをされました。カナダ政府の要請とのことです。

待合スペースに行くと、外国人が多い感じ。むしろ日本人の方が少なかったです。早くも外国のアウェイ感ですね。

ボーディングブリッジから撮影したB787-8

平JGCの私は、ダイヤモンド様とJGCプレミア様をお見送りした後での搭乗です。JGCやビジネスクラスの優先搭乗でも、割と早い段階から並んでおかないと、まともな優先搭乗は難しいです。

今回のフライトは外国人が多いからか、ダイヤモンド様、JGCプレミア様の優先搭乗は数名だけ。その次のビジネスクラスやサファイアの優先搭乗も少なめでした。

アジア路線や国内線だと長蛇の列を日本人が作っていますが、今回はそれもありませんでした。

無資格の外国人がぐちゃっと集まっていましたが、優先搭乗できずに排除されてました。

平JGCの私は、特に並ぶことなく15番目位で優先搭乗できちゃいました。今回は割と早く乗れたので、優先搭乗を実感できました。

エコノミークラスの旧式シート

JALエコノミークラスのシート一覧

エコノミークラスのシートはJAL SKY WIDERではありません。名も無き旧式シートです。

個人的な印象としては、このシートには古臭さを感じました。JAL SKY WIDERの洗練されたシートと比較すると、2000年代を思い出させるシートです。JALのサイトでは、その他シートとしてちょこっと掲載されているだけ。JAL SKY WIDERと比較すると力の入れようが全然違います。

ちなみに、ビジネスクラスはライフラットのSHELL FLAT NEOですが、デザイン的には2018年時点でも古臭さを感じませんでした。

エコノミークラスのシート

全体を写せてないですが、本日の座席は私の大好きな非常口席です。

古めのシートですが、RECAROのシートです。座り心地は、全然気になりませんでした。

JALエコノミークラスの非常口席(B787-8)の良いところは、ギリギリ窓があること。シートの真横ではありませんが、少し体を後ろに向ければ、窓から外の景色を見ることができます。

非常口席からの眺め

非常口席のため、この名も無き旧式シートピッチの感覚を体験することはできませんでした。非常口席は足元広々です。

非常口席のモニター

モニターは肘掛けしたら引き出すタイプです。外観からして、古臭さ感があります。

写真はありませんが、PC用電源もありました。ただし、JALのサイトによると、

  • AC/HKは各座席に設置
  • DEGは各座席の間に共用電源を設置

と記載されているので、機体中央の列は共用電源となるみたいです。長時間フライトとなると、スマホやPCを充電したいケースもあると思いますが、一人一電源とはいきません。

エコノミークラスの機内食

機内サービスの最初はおしぼりです。エコノミークラスのおしぼりは、薄っぺらい感じです。しかも冷えかけています。ここ最近はビジネスクラスが続いていたため、差を感じてしまいました。

あられミックスとドリンク

次はドリンクとおつまみ。あられミックスの袋のデザインが変わっていました。以前の紺色から、オレンジ色になっていました。何故にオレンジ色なのかは、情弱なのでわかりません。

機内食

続いてメインの機内食です。料理人コンペティション「RED U-35」歴代ファイナリストのシェフ達による監修メニューです。ハヤシライスまたは車麩と鶏肉の玉子とじ丼から選択できます。私はハヤシライスを選びました。

機内食

ちょっと冷えていましたが、ハヤシライスは美味しかったです。チョコレートムース(左上)は、かなり甘めです。甘いもの好きの私としては最高でした。

チョコレートムースが提供されたので、ハーゲンダッツは無しかと思ってましたが、ちゃんとハーゲンダッツも提供されました。(テーブルを片付いてなく、ゴチャゴチャしていたため、写真はありません。)

コーヒー

締めのコーヒー。ここまでで、メインの機内食のサービスは終了です。この時点で日本時間の22:00でした。

この後は照明がダウンして就寝モードに入ります。

非常口席のデメリット

さて、一通りの機内食のサービスが終了すると、トイレ周辺に人が集まってきます。非常口席はトイレの近くなので、人が集まってくる様子を観察できます。

このフライトでは最大6人が列を作っており、非常口付近、すなわち私の座席の前のスペースにも人が並んでいました。自分は気にしませんが、気になる方にとっては、非常口席のデメリットですね。

到着前の吉野家の牛丼

バンクーバー時間の9:15(日本時間の1:15)に明るくなりました。ここから到着前の軽食タイムです。

AIR吉野家

到着前には吉野家の牛丼です。日本時間的に考えると、寝る前の夜食タイムに牛丼を食べてる感じです。不健康の極みですね。カナダ時間的に考えても、朝食から牛丼を食べていることになるので、健康的とは言い難いかなと思いました。

AIR吉野家の説明

AIR吉野家と言うみたいです。蓋を開けると牛皿とご飯が入っていて、牛をご飯の上にのせます。そして、だし醤油たまご、紅しょうが、唐辛子をお好みでかけると牛丼が完成します。

AIR吉野家の完成形

こちらが完成した牛丼です。写真はグチャっとなっていて不味そうですが、美味しかったです。普段は牛丼を食べないので、吉野家の味を再現しているかはわかりませんでしたが。

AIR吉野家の感想としては、普段は吉野家を食べたいとは思いませんが、機内で食べる吉野家だったら食べたいと思いました。機内効果ですね。また、自分で具材を混ぜたりするので、いい気分転換になりました。

北米なのに近く感じるバンクーバー

機内から見た景色

成田→バンクーバー(JL18)のフライト時間は8時間55分です。成田→シンガポール(JL711)のフライト時間が7時間25分です。

北米なので遠いイメージがありましたが、シンガポールにプラス1.5時間だけなので、北米と言う割には近い印象でした。

日本を18時過ぎに出発してバンクーバー到着は11時。機内で寝ておかないと、到着した日の体力が持ちません。そのため、機内サービス以外はほぼ爆睡していました。ほぼ爆睡していたことも近く感じた一因だと思います。

まとめ

機内サービス以外はほぼ爆睡していたため、割と近く感じたバーンクーバー線でした。

エコノミークラスは、JALが力を入れているJAL SKY WIDERではなく旧式シートで、古臭さを感じてしまいました。しかし、非常口席に座っていたこともあり、脚を伸ばせる快適な爆睡フライトとなりました。ただし、非常口席以外のエコノミークラスのシートでも快適かどうかは、体験していないのでわかりません。

吉野家とコラボレーションは、苦痛になりがちなエコノミークラスのフライトにおいて、楽しみを与えてくれたました。正直な話、個人的には日常で吉野家を食べたいとは思いません。ですが、機内で食べる吉野家だったら食べたいと思いますね。

この次は、アラスカ航空に乗り継いで、シアトルを目指します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次