【搭乗記】機内サービスゼロ、アラスカ航空 バンクーバー→シアトル エコノミークラス

アラスカ航空DHC-8-Q400

念願だったボーイングのエバレット工場見学に参加するた、シアトルに行ってきました。シアトルへは、JALを利用して成田→バンクーバ→シアトルの乗り継ぎでシアトルを目指しました。

前回の投稿では、JAL JL18 成田→バンクーバー エコノミークラスの搭乗記をまとめました。

最終目的地のシアトルへは、バンクーバーでアラスカ航空に乗り継いで目指します。

今回は、2フライト目のアラスカ航空 AS2267 バンクーバー→シアトル エコノミークラスの搭乗記です。JALで発券しているため、JALのコードシェア便(JL5431便)です。

実際に飛んでいる時間はわずか25分のため機内サービスは全くありませんが、短時間のフライトのため全く問題ありませんでした。

JAL便名のコードシェア便ですが、JGC会員であってもバンクーバー国際空港でラウンジが利用できない点は、ちょっと残念でした。

目次

フライト情報

バンクーバー国際空港の搭乗ゲート
搭乗年月 2018年9月
航空会社 アラスカ航空
フライト JL5432(AS2267) バンクーバー(YVR)→シアトル(SEA)
機材 Bombardier DHC-8-Q400 N405QX
クラス エコノミークラス
運賃種別 S (積算率50%)
マイル 149マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 464FOP
座席 18A
備考 ホライゾン航空による運行

JALで発券したコードシェア便です。JALで予約するときはアラスカ航空となっていましたが、アラスカ航空グループのホライゾン航空による運行です。ホライゾン航空は短距離のフライトを運行してます。ANAウイングスやJTAみたいな位置付けだと思います。

JAL便名なので、マイルやFOPも加算されます。しかし、バンクーバー国際空港では、ラウンジを利用できません。

搭乗記

バンクーバー国際空港でJALからアラスカ航空に乗り継ぐ

JL18で成田からバンクーバーに到着し、飛行機を降りて少し歩くと、JALの地上係員が自分の名前が書いてある紙を持って待っていました。

この地上係員にアテンドされて、アメリカ乗り継ぎの手続きをします。ちなみに、地上係員は日本人でした。英語がヘタクソな自分にとってはありがたいですね。

乗り継ぎカウンターに着いても、まだアラスカ航空の係員がいなくて、15分位待つことになりました。その間、地上係員はどっかに行ってしまいました。

搭乗手続きと手荷物検査を終えると、地上係員が再び登場。預け荷物が引き継がれていることを確認したみたいです。

このあとは、お世話になった地上係員ともお別れし、自力でアメリカの入国審査をして、アラスカ航空のゲートに向かいました。

国際線だけどリージョナル感のある待合室

バンクーバー国際空港の待合室

アラスカ航空の搭乗口の待合室に到着。うーん、リージョナル感のある待合室ですね。国境越えのフライトですが、既にアメリカの入国審査をしているので、物理的にはカナダでも、論理的にはアメリカ。このリージョナル感も仕方ない。付近の搭乗口もアメリカへのフライトだけでしたし。

バンクーバー国際空港の売店

待合室には売店が1店あるだけでした。ラウンジなんていう洒落たものはありません。

ちなみに、今回はJALのコードシェア便ですが、JGC会員でもバンクーバーのラウンジを利用できません。ちゃんとJALのWEBサイトに記載されています。

30分遅れの出発

シアトルタコマ国際空港の混雑のため、出発は30分遅れました。

アラスカ航空の係員のアナウンスでは、「シアトルから先の全ての乗り継ぎはノープロブレムだぜ、心配しなくOK」的なことを繰り返してました。

アラスカ航空DHC-8-Q400

本日の機材はDash 8(ダッシュエイト)です。アラスカ航空のバンクーバー ⇔ シアトル線は基本的にDash 8です。運行はホライゾン航空です。

ボロい感じの機内でも、30分のフライトなら問題無し

アラスカ航空DHC-8-Q400のシート

機内の広さはダッシュエイトとしては普通かなと。ですが機内はボロいです。シートはくたびれており、茶色が古臭さを演出しています。また、決して綺麗とは言えません。

アラスカ航空DHC-8-Q400のシート

とは言え、実際に飛んでるいる時間は25分、地上の時間を含めても1時間程度なので、全く不満には思いませんでした。まぁ、そもそも期待していないので。

飛行機は満席でした。

25分と短時間のフライトのため、機内サービスは無しとのアナウンスがありました。想定の範囲内ではありますが。

成田からバンクーバーへのフライトはほぼ爆睡でしたが、ダッシュエイトの程よい揺れとゆるい日差しのため、このフライトもほぼ爆睡でした。

アラスカ航空DHC-8-Q400

寝ていたので、あっという間のフライトでした。

まとめ

フライト時間が短く機材やサービス面での期待をしていなかったことに加え、爆睡していたため、全く問題の無いフライトでした。

フライトとは別かもしれませんが、JALからの乗り継ぎのサポートもしっかりして頂けたと感じました。

一方、JALとはコードシェアをしているだけで、ラウンジが利用できないのはマイナスでした。30分の遅延であれば、ラウンジでコーヒー飲みながらマッタリしていたかったですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次