【搭乗記】JAL SHELL FLAT NEOは短距離ならGOOD!JL816 台北/桃園→関西 ビジネスクラス

JAL SHELL FLAT NEO

アラスカ航空のマイルを利用して、JALビジネスクラスで4フライトしてきました。

成田から関西に行くのに、成田→ジャカルタ→成田→桃園→関西という変態的なルートを飛んでいます。

アラスカ航空的には、これらのフライトは片道扱い。25,000マイルで搭乗できてしまいます。必要な25,000マイルは、バイマイルで購入しました。かかったコストはたったの57,500円す。1フライト当たり約15,000円です。

ただし制約もあり、日本発着の場合は経由地での乗り継ぎは24時間以内とする必要があります。従って観光はゼロ、JALビジネスクラスに乗ることが目的の乗りヒコです。

今回は4フライト目の台北/桃園→関西のフライトについてです。3日間にわたる乗りヒコ活動の最終フライトです。

ビジネスクラスはJAL SHELL FLAT NEOです。昔ながらの2-2-2列のレイアウトですが、3時間弱の短距離フライトでは十分過ぎました。

目次

フライト情報

搭乗口
搭乗年月 2018年8月
航空会社 JAL
フライト JL816 台北/桃園(TPE)→大阪/関西(KIX)
機材 B787-8 JA834J
クラス ビジネスクラス (JAL SHELL FLAT NEO)
運賃種別
マイル 積算対象外
FOP 積算対象外
座席 6K
備考 アラスカ航空マイル利用

搭乗記

JAL SHELL FLAT NEO

JAL B787-8

B787-8ですが、ビジネスクラスのシートはJAL SKY SUITEシリーズではありません。ちょっと古めのJAL SHELL FLAT NEOです。

JAL SHELL FLAT NEO

ちょっと古めといっても、黒を基調とした落ち着いたデザインでオシャレです。フルフラットにはなりませんが、短距離であれば十分です。

前日に座席指定画面をチェックしたら、お隣は埋まっていました。ですが、実際に搭乗すると、お隣は空席。隣が空席だと2-2-2のレイアウトでも落ち着きますね。

バルクヘッド

今回の席は7Kです。ビジネスクラスの後方のコンパートメントの最前列です。足元は超絶広々してます。

各コンパートメント最前列シートは、前方にお座席が無い為、大型マガジンラック、収納ポケット、ペットボトルホルダーなどは装備されておりません。

JALホームページより

コントローラーはアナログ感があり時代を感じさせます。ガラケーとスマホの違いと言った感じです。

リクライニングのコントローラー

リクライニングのコントローラーはボタンが多数ありますが、残念ながら、フルフラットにはなりません。

モニター

バルクヘッドの席のため、モニターは肘掛けの中から取り出すタイプです。モニターサイズは、エコノミーと同じくらいですかね。

機内食

ワイン

離陸前のウェルカムドリンクは無かったので、安定飛行に入ってからのドリンクが最初のドリンクでした。

機内食
  • スモークサーモンと海老のテリーヌ
  • 鴨のコンフィ サラダ仕立て みかんドレッシング
  • 野菜のコンソメスープ
  • トマトポークシチュー ハーブバター添え
  • ブレッド
  • フレッシュフルーツ

機内食は洋食をチョイス。短距離のためワンプレートの機内食です。

海外発のビジネスクラスに乗ると、カットフルーツが多い気がします。個人的な想像ですが、フルーツであれば簡単に準備できますし、色映えもするので、重宝されているような印象を持っています。要は、手抜きな感じかなと。

野菜のコンソメスープは、給食や学食で出てくるようなスープです。JAL国内線やANA国内線の機内サービスで飲めるコンソメスープの方が、個人的には好きです。

とまぁ、不満な点をダラダラと書いてしまいましたが、アペタイザーやメインディッシュは美味しかったですよ。

総評ではプラスマイナスゼロです。

ハーゲンダッツ

食後のデザートはハーゲンダッツのバニラです。この3日間で4回目のハーゲンダッツです。エコノミークラスでもハーゲンダッツは提供されるため、ビジネスクラスだから特別と言うものではありません。

ギャレー

ギャレー

機内食の後は、トイレに行くついでにギャレーをのぞいてみました。

ギャレー

ギャレーって、こんなに広々してましたっけ?トイレに行くときにギャレーを覗くことは多々ありますが、こんなに開放感があるギャレーを見た記憶がありません。

CAさんの羞恥プレイは無し

前日の成田→台北/桃円のフライトでは、CAさんに私の旅程を突っ込まれて、恥ずかしい思いをしてしまいました。

このフライトでは、CAさんにフライトを突っ込まれることは無かったです。全4フライト中の最終フライトで、この後の乗り継ぎが無かったからかも知れません。この辺りは、自分の推測です。

SFC修行の感覚

機内からの風景

台北/桃園→関西のフライトで感じたのは、SFC修行等でお世話になったANAの羽田=那覇のプレミアムクラスの感覚でした。実質のフライト時間は2.5時間程度でほぼ同じです。また、ANAのB787のプレミアムクラスも2-2-2列のレイアウトで、SHELL FLAT NEOシートの幅とそんなに変わらない感じがしました。

まとめ

ビジネスクラスのシートはJAL SKY SUITEシリーズではなく、ちょっと古めのJAL SHELL FLAT NEOでした。スタッガードやリバースヘリンボーンではなく、昔ながらの2-2-2列のレイアウトですが、3時間弱の短距離フライトでは十分過ぎました。

黒を基調とした落ち着いたデザインで、古臭さはゼロです。フルフラットにはなりませんが、短距離であれば、まだまだ十分に運用できるビジネスクラスだと思いました。

機内食については、短距離のため、あまり期待しない方が良いかなと思いました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次