【搭乗記】エコノミーとしては普通なフライト、JALバンクーバー→成田

念願だったボーイングのエバレット工場見学やシアトル観光を終えて、シアトルから日本へ戻ります。

行きのフライトとは逆のシアトル→バンクーバー→成田のルートで日本に戻ります。今回はこの旅4フライト目のJAL JL17 バンクーバー → 成田 エコノミークラスの搭乗記です。

行きのフライトと同じく、JAL SKY WIDERではない名も無き旧式シートです。そして、行きのフライトと同じく非常口席を指定したので、足元広々の快適なフライトでした。

一方、非常口席による足元広々以外には、ブログとしては特筆することが無い、普通な感じのエコノミークラスのフライトでした。

目次

フライト情報

搭乗年月 2018年9月
航空会社 JAL
フライト JL17 バンクーバー(YVR) → 東京/成田(NRT)
機材 B787-8 JA829J
クラス エコノミークラス
運賃種別 S (積算率50%)
マイル 5,500マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 2,741FOP
座席 45K (非常口席)

時間的余裕が無い乗り継ぎ

アラスカ航空でシアトルからバンクーバーに到着し、JALに乗り継いで成田に向かいます。

アラスカ航空の機内から出て通路を歩いていくと、JAL地上係員の人が待っていました。乗客名簿をチラ見すると、7名くらい記載されてました。私が最後の1名で、このJAL地上係員に搭乗口までアテンドしていただきました。

行きの乗り継ぎのアテンドは日本人でしたが、帰りの乗り継ぎのアテンドはカナダ人でした。

搭乗口に着いた時点では、まだ搭乗券を持っておらず、搭乗口のカウターでチェックインをして、搭乗券を手渡しされました。

アラスカ航空が15分位遅れたのと、乗り継ぎの移動やチェックインをした関係で、解放されたのが13:35でした。搭乗開始時刻が13:50なので、15分しか時間がありません。

これではバンクーバーのPlaza Premium Loungeに行けないではありませんか。

シアトルでもラウンジは使えなかったですし、ラウンジの観点からすると不満な乗り継ぎでした。

非常口席を指定

今回も懲りることなく非常口席を指定しました。行きと同じく45Kです。非常口席はかなりの確率で埋まりますが、今回は奇跡的にお隣は空席でした。

この圧倒的な開放感こそ、非常口席のメリットだと私は確信しています。

しかし、緊急事態の時は、CAさんのお手伝いをする必要があります。一度お手伝いをしてみたいですね。

いや、その様な状況にはなって欲しくありません。

非常口席は、モニターやコントローラーが肘掛に収納されています。肘掛の側面に収納されているコントローラーは曲者で、体が触れると、読書灯が点灯してしまいます。運が悪いと、用もないのにCAさんを呼び出してしまいますので、注意が必要です。

あとは、USBも付いてますね。PC用電源は足元の方に付いてます。

エコノミークラスの機内食

行きのフライトを同じく、最初はあられミックスとドリンクのサービスからスタートします。

メインの機内食の前に、赤ワインで喉を潤します。

お隣が空席なので、機内食も2席占有して食べれます。何が嬉しいかって、機内食の蓋や邪魔なものを隣席のテーブルに置けるので、機内食撮影がしやすいのです!

その割には、ヘタクソな写真で恥ずかしい。

メープルクリームクッキーは、 バンクーバー線就航 50 周年記念メニューで、2018年9月のみの提供です。

スイートチリポーク 葱玉子炒飯添え
スイートチリポーク 葱玉子炒飯添え
茶蕎麦
茶蕎麦

ホテルの朝食がアラサー人生史上最悪であり、ラウンジにも入れなかったので、機内食が本日最初の食事です。完全空腹状態だったため、あっと言う間に完食でした。

味はフツーでした。

ハーゲンダッツではありませんが、アイスもバッチリ提供されました。

消灯時間

さて、バンクーバー出発は14:15、成田到着は16:30です。ということは、機内で本格的に寝てしまうと、日本に帰ってから寝れなくなります。そのため、このフライトは寝ないで頑張ろうと考えていました。

しかーし、機内食が終了すると機内は消灯して完全睡眠モードになってしまいました。時差ボケをコントロールするなら、軽く照明をダウンさせてお昼寝程度の睡眠を促せばいいものを。

これは絶対に機内サービスを少なくさせるCAさんの作戦に違いありません。(実際はどうかは知りませんが、個人的にはそう確信しています。)

今回のフライトは時差ボケ対策もありますが、貧乏性の私としては、基本的に機内で寝ることはありません。

飲みまくります。食べまくります。そして仕事します!

CAさんの戦略に負けじと、コーヒー6杯、ワイン5本、ギャレーに置いてあるスナックを大量摂取して、寝ないようにしてました。

到着前の軽食

成田まで残り2.5時間の時点で、到着前の軽食のサービスがありました。

到着前の軽食です。

ターキーとプロヴォローネとバジルペストのサンドイッチ
ターキーとプロヴォローネとバジルペストのサンドイッチ

JALのスペシャル仕様のワインです。似顔絵は、JALのワインを監修しているJALワインアドバイザーとソムリエのお二方みたいですね。

まとめ

フライト自体は特筆することは無い、普通のエコノミークラスのフライトでした。敢えてあげれば、非常口席によるメリットと、消灯時間が長いことくらいです。

ビジネスクラスなど上位クラスを利用していると、乗客としてはサービスに対する期待値が高くなり、ちょっとでも何かあると不満足に直結してしまいがち。少なくとも自分は。

一方、エコノミークラスであれば期待値が高く無い分、普通であることが一番大事だと思ったフライトでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次