【搭乗記】25分のフライト、アラスカ航空 シアトル→バンクーバー エコノミークラス

アラスカ航空DHC-8-Q400

念願だったボーイングのエバレット工場見学やシアトル観光を終えて、シアトルから日本へ戻ります。

行きのフライトとは逆の、シアトル→バンクーバー→成田のルートで日本に戻ります。

今回の投稿は、この旅3フライト目のアラスカ航空 AS2242 シアトル → バンクーバー エコノミークラスの搭乗記です。JALで発券しているため、JALのコードシェア便(JL5430便)です。

実際に飛んでいる時間はわずか25分のため機内サービスは全くありませんが、短時間のフライトのため全く問題ありませんでした。

目次

フライト情報

搭乗ゲートのカウンター
搭乗年月 2018年9月
航空会社 アラスカ航空
フライト JL5430(AS2242) シアトル(SEA)→バンクーバー(YVR)
機材 Bombardier DHC-8-Q400
クラス エコノミークラス
運賃種別 S (積算率50%)
マイル 158マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 489FOP
座席 20A
備考 ホライゾン航空による運行

JALで発券したコードシェア便です。JALで予約するときはアラスカ航空となっていましたが、アラスカ航空グループのホライゾン航空による運行です。ホライゾン航空は短距離のフライトを運行してます。

搭乗記

チェックインで座席が確定しない

アラスカ航空のチェクインカウンター

JALのコードシェア便の場合は、キオスクでチェックインできません。カウターに行く必要があります。カウンターも普通のカウンターではなくて、Assistanceと表示されたカウンターに行く必要があります。

預け荷物のスーツケースは、成田までチェックインしてくれました。

座席指定無しのボーディングパス

カウンターでチェックインをすると、何と座席がアサインされてません。搭乗口の係員に尋ねるように言われました。こんな事ってある?

果てし無く長いセキュリティーチェックの列

写真は無いのですが、セキュリティーチェックに並んでいる列がとにかく長い。折り返しのながら並んでいましたが、最後尾からは最前列が見えません。

この感じ、覚えがあります。

東京ディズニーランドの待ち行列と同じです。

ただ、流れは良くて、待ち時間15分でセキュリティーチェックに辿り着けました。係員が15分とアナウンスしていたので、その通りの待ち時間でした。待ち時間を具体的に教えてくれ、心して待っていられるので、イライラする事はありませんでしたね。

歩いてのボーディング

ボーディングの通路

待合室からは、このようなスロープを歩いて降って飛行機へ向かいます。

アラスカ航空DHC-8-Q400

朝は土砂降りの雨でしたが、日差しが出てきて気持ちいい搭乗です。これの感じを味わえるから、沖留めは好きです。

アラスカ航空の手荷物カート

オーバーヘッドビンに入らない、機内持ち込みサイズの手荷物は、搭乗前にカートに置く必要があります。このカートに置かれた手荷物は、まとめて貨物室に入れられます。

Dash 8のシート

アラスカ航空DHC-8-Q400の座席

本日の座席は20A、Dash 8の最後部の座席です。JALへの乗り継ぎの乗客は、後方の座席に集約されているようで、日本人も何人か見かけました。

アラスカ航空DHC-8-Q400の座席

シートポケットがモッサリしているため、身長170cmの私でもシートピッチは狭く感じました。大柄なアメリカ人の場合、結構窮屈だと思いました。

離陸後はダウンタウンを見渡せる

定刻にプッシュバックされて、機体は滑走路へ向けて動き出しました。しかし、滑走路手前で、一時停止。バンクーバー国際空港のトラフィックの関係で、15分程地上待機することになりました。

バンクーバーでの乗り継ぎには1時間15あるため、乗り継ぎ自体は問題はありません。

シアトル上空

離陸すると、すぐにシアトルのダウンタウンが見えてきました。上空から見ると、シアトル中心部はコンパクトなことがよくわかります。

フライト時間は25分、機内サービスは無し

ドリンクメニュー

ワイン、ビール、ソフトドリンクが無料みたいですね。アラスカ航空はシアトルが本拠地ということもあり、スターバックスのPike Place Poastも飲めるみたいです。(写真は切れてしまってますが・・・)

ドリンクメニュー

スナック系は有料でした。

ここまでメニューを掲載しましたが、フライト時間が短いので、機内サービスは一切無しでした。ゴツいおばちゃんCAが機内を巡回する、安心の見守りサービスだけです。

CAさんの機内アナウンスには笑いが混じっていたり、乗客も一緒に笑ったりと、ゆる〜い感じのフライトでした。

まとめ

アラスカ航空DHC-8-Q400

短距離なので、フライトそのものに対する意見は無いです。一方、セキュリティーチェックの待ち行列に度肝を抜かれたのと、ラウンジが使えないことが残念ではありました。

ちなみに、シアトルのアラスカ航空ラウンジは、2018年9月1日からプライオリティーパスの対象外になりましたので、ご注意ください。

この後はシアトル旅行の最終フライト、JL17でバンクーバーから成田に向かいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次