シンガポール航空 日本就航50周年セール ビジネスクラスが9.6万円から

シンガポール航空日本就航50周年セールのトップ画像

シンガポール航空で日本就航50周年セールが開催されています。

中部発と関西発のシンガポール行きビジネスクラスが10万円台となっています。シンガポール航空の最新機材であるB787-10に搭乗することが可能です。

また、シルクエアー運行になりますが、広島発は9.6万円と10万円を下回るお得な運賃となっています。

目次

シンガポール航空のセールについて

シンガポール航空は、スカイトラックスの2017年のWorld’s Best Airlinesで2位を獲得しています。格付け的にはANAやJALよりも上で、世界最高レベルの航空会社です。

World’s Best Airlines at the SKYTRAX 2017

1位:カタール航空
2位:シンガポール航空
3位:ANA
4位:エミレーツ航空
5位:キャセイパシフィック航空
・・・
16位:JAL

公式 http://www.airlinequality.com/info/top-100-airlines-2017/

そんな世界的に評価の高いシンガポール航空のビジネスクラスに、お得に搭乗できるセールが開催されています。

中部発シンガポール行きのフライトと運賃

上記は名古屋/中部=シンガポール線のビジネスクラスの検索結果です。ビジネスクラスにもかかわらず、確かに10万円台の運賃が設定されていました。

他の路線のセールとPP単価などをまとめると以下のようになります。

出発地機材マイル合計PP合計運賃+諸税PP単価
名古屋/中部B787-107,8908,690103,34011.9
大阪/関西B787-107,6168,416108,41012.9
広島B737-MAX8積算対象外積算対象外95,870
福岡A330-3007,0247,824106,34013.6

※マイル合計とPP合計は概算です。実際には多少の前後があります。

  • 到着地:シンガポール
  • 予約クラス:D(積算率125%)
  • 予約期限:2018年6月30日まで
  • 設定期間:2018年7月1日~2018年9月30日

通常でも20万円以上はくだらない日本=シンガポール線のビジネスクラスが、9.6万円から登場しています。中部発や関西発の10万円台の運賃も、通常と比較すると50%OFF以下ですので、お得だと思います。

PP単価は10円を超えているので、効率重視のSFC修行には向かないと思います。

しかし、シンガポール航空のビジネスクラスということを考えれば、SFC修行としても十分検討の価値ありだと思います。

目的別シンガポール航空ビジネスクラスのプラン

最新のビジネスクラスを体験したいなら中部発か関西発

シンガポール航空B787-10イラスト

中部=シンガポール線と関西=シンガポール線は、シンガポール航空の最新機材であるB787-10で運行されています。最新のスタッガードシートを体験することができます。

私も2018年5月に実際に体験してきました。そのときの記録はこちら。

また、関西=シンガポールはダブルデイリーで運行されています。

出発地 フライト 出発時刻 到着時刻
関西発 SQ623 関西発(23:25) シンガポール着(05:05+1)
SQ619 関西発(10:55) シンガポール着(16:40)
シンガポール発 SQ622 シンガポール発(01:25) 関西着(09:05)
SQ615 シンガポール発(13:55) 関西着(21:35)

※2018年6月時点

深夜便だとフライトの大半を寝て過ごすことになるので、損した気分になるんですよね。少なくとも自分は。

関西=シンガポール線は往復とも日中のフライトを選択できるため、ビジネスクラスを満喫することができると思います。

なお、中部=シンガポール線はデイリーで、シンガポール発の帰国のフライトは深夜便になります。

日本撤退間近A330-300の乗り納めには福岡発

シンガポール航空A330-300

日本の地方都市とシンガポールを結ぶフライトには、リージョナル仕様のA330-300が長年導入されていました。シンガポール航空は、2018年からリージョナル仕様の機材をB787-10へ置き換え始めました。

日本発着でシンガポール航空のA330-300に乗れるのもあと少しです。乗り納めをしたい場合は、福岡発でA330-300に乗りましょう。

【PP積算対象外】広島発のシルクエアー

シルクエアーはシンガポール航空の子会社ですが、スターアライアンスには未加盟です。そのため、ANAのマイルやPPは積算対象外です。

修行向きではありません。

唯一ポイントを挙げるとすれば、B737 MAX8に搭乗できること。

B787-10と同様に、最新のボーイングの機材を体験することが可能です。

ただし、小型機のためスタッガード仕様のビジネスクラスではなく、2-2レイアウトのビジネスクラスとなります。

シルクエアーB737MAX8のシートマップ

上記はSeatGuruで検索したシルクエアーのB737 MAX8のシートマップです。昔からよくあるレイアウトのシートですね。

まとめ

シンガポール航空のジネスクラスでこの値段なら、とってもお得だと思います。

効率重視のSFC修行には向きませんが、シンガポール航空のビジネスクラスであることを考慮すれば、検討の価値はあると思います。

なお、シンガポール航空のセールは2018年3月にも開催されており、関西=シンガポール線のビジネスクラスが7万円台と激安でした。

世界的にも評価の高いシンガポール航空ですが、セールを利用すると意外にもお得に乗れそうです。今後も要チェックのシンガポール航空です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次