【ラウンジ訪問】クアラルンプール国際空港 キャセイパシフィック航空ラウンジ

エントランス

クアラルンプール国際空港でラウンジと言ったら、何といっても地元マレーシア航空のゴールデンラウンジ!

JGCなどのワンワールド上級会員であれば、ゴールデンラウンジに行く人が多いのではないでしょうか。

更にクアラルンプール国際空港には、ワンワールド系だとキャセイパシフィック航空ラウンジ(CATHAY PACIFIC First & Business Class Lounge)もあります。

残念ながら、キャセイパシフィック航空ラウンジは最低限の設備や料理しかありません。ールデンラウンジの方が上です。人気が無いのか、私が訪れたときは利用者がほとんどいませんでした。

その分、とっても静かで落ち着けます。目的によっては悪く無いラウンジでした。

目次

KLIA キャセイパシフィック航空ラウンジについて

基本情報

キャセイパシフィック航空ラウンジの場所
キャセイパシフィック航空ラウンジの場所(JALホームページより)

キャセイパシフィック航空ラウンジは、出国審査後の制限エリアにあり、サテライトターミナルにあります。

場所は2FのEAST ZONEです。Plaza Premium First Loungeの斜め向かい側で、スターバックスが近くにあります。

  • 営業時間:6:30〜23:00
  • 場所:制限エリア、サテライトビル2F EAST ZONE
  • 飲食:食事、軽食、アルコール、ソフトドリンク
  • 設備:WiFi、PC、プリンター、コピー機

キャセイパシフィック航空ラウンジにはシャワーがありません。暑いマレーシアでシャワーを浴びれない点はとっても残念です。

利用条件

  • キャセイパシフィック航空またはワンワールド加盟航空便:ビジネスクラス以上、ワンワールド・サファイア以上(JGC含む)の搭乗者
  • JAL:プレエコ、エコノミー(Flex Y運賃)の搭乗者

JALのプレエコやエコノミー以外は、一般的なワンワールドのラウンジ利用条件と同じです。サファイヤ以上かビジネスクラス以上で利用可能です。

利用条件

JALの利用者の場合、サファイア以上のステータスまたはJGCでキャセイパシフィック航空ラウンジを利用できます。

利用条件

更にキャセイパシフィック航空ラウンジは、JALのプレエコとエコノミークラス(Flex Y運賃)の指定ラウンジとなっています。

ラウンジ訪問

エントランス

エントランス

キャセイパシフィック航空ラウンジは、サテライトターミナルのレベル2フロア、EAST ZONEです。Plaza Premium First Loungeの斜め向かい側で、スターバックスが近くにあります。

エントランス

JALの指定ラウンジにもなっているため、JALマークもあります。

ラウンジに入るときに、受付のスタッフの人に「Plaza Premium First Loungeが指定ラウンジよ。あっちの方が豪華よ。」といったことを言われました。

実際にPlaza Premium First Loungeの方が豪華なのは知っていますが、「今日はキャセイパシフィック航空ラウンジを利用したい。」と言ったら入室できました。

ラウンジエリア

ラウンジエリア

JAL便の搭乗開始の約2時間前にラウンジに入りましたが、この時はまだ空いていました。

ラウンジエリア

成田空港のキャセイのラウンジと似たような色使いです。ソファーが明るい赤色なところに、キャセイパシフィック航空ラウンジっぽさを感じます。

ラウンジエリア

ラウンジエリアは縦長なスペースとなっています。

JAL便の搭乗時間が近づいてくると、日本人が増えてきました。それでも、席が埋まる程ではありませんでした。

料理

ビュッフェコーナー

ビュッフェコーナーはラウンジ中央の1カ所のみ。料理は最低限のメニューが揃っていると思いますが、安っぽい空港ラウンジのような印象を受けました。

ホットミールのメニューは日によって変わっているみたいです。私は2回訪れて写真を撮っているためバリエーションが多く見えますが、実際は半分です。バリエーションではゴールデンラウンジの方が多い印象です。

マレー系や東南アジア系っぽい味付けのホットミールがメインで、好き嫌いが分かれるかもしれません。

ヌードル

量は少ないですがヌードル系もあります。この日はPrawn Noodleでした。

カップ麺

インスタントヌードルもあります。マレーシアではよく見かける、MaggiのHOT CUPです。

サラダ

サラダのバリエーションは少な目な印象です。

サンドイッチ

食事で万人受けするのは、サラダとこちらのサンドイッチくらいな印象です。

別の日に2回訪れて写真を撮影しているのでバリエーションが多く見えますが、実際はこの半分です。普通にラウンジあるようなスイーツ系です。

ドリンク

ドリンクは種類も量も少なめです。ビールサーバではなく、缶ビールでの提供ですね。東南アジアのラウンジとしては珍しく、牛乳が置いてありました。

まとめ

Plaza Premium First Loungeは、JAL上級会員が占拠して宴会状態になることもあります。またゴールデンラウンジは広くて素晴らしいラウンジですが、人の出入りも多く、気になる人にとっては落ち着かないかもしれません。

キャセイパシフィック航空ラウンジは、料理や設備では特筆する点がありません。料理に関しては、ゴールデンラウンジやPlaza Premium First Lougeの方が充実しています。味についての好みは人それぞれだと思いますが、Plaza Premium First Loungeの方が上だと感じました。

特質すべき点が無い分、利用者が少ないので、一番落ち着けるラウンジだと思います。

JGC会員であれば、食事やシャワーはゴールデンラウンジやPlaza Premium First Loungeで済ませて、最後にキャセイパシフィック航空ラウンジで静かに過ごす。こんな使い方もアリだと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次