【2019年JGC修行の準備】JALクアラルンプール発券プレエコについて考える、沖縄とセットで使いたい

記事タイトル画像

クアラルンプール発券のプレエコは、何故かJALもANAもお買い得な運賃が設定されています。

情弱な自分には詳しい理由はわかりませんが、一修行僧としてはお得な運賃を利用しない手はありません。2019年のJGC修行に向けてクアラルンプール発券のプレエコについて調べてみました。

燃油代が高騰しているため2018年程のFOP単価は実現できませんが、沖縄と組み合わせてFOP単価は7.8円程度、JGC修行にも十分利用できそうでした。

目次

JALクアラルンプール発券プレエコ

クアラルンプール発券運賃一覧

JALの海外発券の場合、日本サイトからは検索できないイケてない仕様のため、マレーシアのサイトから検索する必要があります。

KUL=NRTのプレエコ運賃とFOP単価

最初に、クアラルンプール発券で東京往復のプレエコ運賃を調べて見ます。

運賃カレンダー運賃見積
運賃カレンダー運賃見積
  • 運賃合計:約85,000円(RM3,150)
    • 運賃:RM2,490
    • 諸税:RM660
  • 予約クラス:E(積算率100%)
  • FOP合計:10,814FOP
  • FOP単価:7.9円/FOP
  • 滞在期間:1日〜6ヵ月

※確認日:2018年10月28日

運賃は2017年と同じ、ただし諸税が値上がり

2017年11月に確認したときは、運賃合計は約73,000円で、FOP単価は6.8円でした。

運賃(諸税抜き)は、2017年11月も2018年10月も同じで、RM2,490でした。

つまり、燃油代を含む諸税が値上がりしていることになりますね。

クアラルンプール→東京も、東京→クアラルンプールも、RM1,245(諸税抜き)からの運賃です。

ぱーっと見た感じで、2018年10月時点で検索できる全期間(2018年10月~2019年9月)で、最安値のRM1,245の運賃がありました。

(もちろん、運賃が高い日もアリ)

タッチやピストンも可能

運賃規則
運賃規則

運賃規則には、最低滞在日数が規定されていません。

22:50にクアラルンプールを出発して、翌朝の6:35に成田に到着します。3.5時間後の11:05にクアラルンプールに戻ることもできます。

NRTタッチや、KUL=NRTピストンも可能です。こういった飛行機の乗り方は修行ならではですね。

現実的なJGC修行プラン

KUL=NRTプレエコの前後に、NRT=KULの単純往復を入れても良いのですが、FOP単価が悪くなってしまいます。

そして何より、マイル修行といったらやっぱり沖縄経由のフライトを試してみたいところ。

という訳で、KUL=NRTプレエコの前後に、OKA=KULをするプランで考えてみます。

レグフライト 日付予約クラスFOP 運賃
JL921
HND→OKA
1/18(金)ウルトラ先得
(普通席)
1,476FOP9,390円
JL920
OKA→HND
1/18(金)国際線航空券に含ま
れる日本国内区間
2,368FOP84,890円
JL723
NRT→KUL
1/19(土)クラスS
(エコノミー)
2,904FOP1に含まれる
JL724
KUL→NRT
1/20(日)クラスE
(プレエコ )
5,407FOP85,000円
JL723
NRT→KUL
2/23(土)クラスE
(プレエコ)
5,407FOP
4に含まれる
JL724
KUL→NRT
2/24(日)クラスS
(エコノミー)
2,904FOP2に含まれる
JL913
HND→OKA
2/25(月)国際線航空券に含ま
れる日本国内区間
2,368FOP2に含まれる
JL920
OKA→HND
2/25(月)ウルトラ先得
(普通席)
1,476FOP9,890円
  • 運賃合計:約189,170円(諸税込み)
  • FOP合計:24,310FOP
  • FOP単価:7.8円/FOP

FOP単価7.8円なら、まずまずといった感じですね。

1回の修行で全8レグをこなすのは、有給取得や体力面で厳しいです。一旦東京に戻り、1ヵ月後に修行を再開するプランが現実的かなと思いました。

JALクアラルンプール発券で沖縄まで

クアラルンプール発券の目的地を沖縄にした場合の運賃やFOP単価も見てみましょう。

KUL=TYO=OKAのプレエコ運賃とFOP単価

まずはシンプルに、クアラルンプール発券で沖縄往復のプレエコ運賃を調べてみます。

運賃カレンダー運賃見積
運賃カレンダー運賃見積
  • 運賃合計:約99,000円(RM3,672)
    • 運賃:RM2,990
    • 諸税:RM682
  • 予約クラス:E(積算率100%)
  • FOP合計:15,550FOP
    • KUL=NRT往復:10,814FOP
    • HND=OKA往復:4,736FOP
  • FOP単価:6.4円/FOP

※確認日:2018年10月28日

2017年11月に確認したときは、運賃合計は約107,060円で、FOP単価は5.8円でした。

FOP単価で5円台はなかなか見ない値ですが、6.4円でもかなりいい単価ですね。

現実的なJGC修行プラン

沖縄タッチで直ぐにクアラルンプールに戻っても良いですが、体力的に辛いのと、仕事などの都合で数日間の休暇が取れない場合が多いため、一旦東京に戻るプランで考えます。

レグフライト 日付予約クラスFOP 運賃
JL723
NRT→KUL
1/17(木)クラスS
(エコノミー)
2,904FOP74,220円
JL724
KUL→NRT
1/17(木)クラスE
(プレエコ)
5,407FOP99,220円
JL909
HND→OKA
1/18(金)国際線航空券に
含まれる日本国内区間
2,368FOP②に含まれる
JL920
OKA→NHD
1/18(金)ウルトラ先得
(普通席)
1,476FOP9,890円
JL921
NHD→OKA
2/22(金)ウルトラ先得
(普通席)
1,476FOP10,090円
JL920
OKA→HND
2/22(金)国際線航空券に
含まれる日本国内区間
2,368FOP②に含まれる
JL723
NRT→KUL
2/23(土)クラスE
(プレエコ)
5,407FOP②に含まれる
JL724
KUL→NRT
2/24(日)クラスS
(エコノミー)
2,904FOP①に含まれる
  • 運賃:約193,420円(諸税込み)
  • FOP合計:24,310FOP
  • FOP単価:8.0円/FOP

①と⑧のNRT=KULにプラスして沖縄を付けることも考えられますが、さすがに有給取得や体力面での問題があるため、個人的には現実的では無いと考えてます。

マイラーとしてはネタとして実行したいのですが、個人的には有給取得のハードルが高いですね。

沖縄を付けるタイミングはどこでも良い

ここまでで、2通りの現実的なJGC修行プランを見てきました。

  • OKA=KUL & クアラルンプール発券プレエコ
  • NRT=KUL & クアラルンプール発券プレエコで沖縄往復

いずれも獲得できるFOPは24,310FOPで一緒です。FOP単価も7.8円〜8.0円とほぼ同じ。沖縄を付けるタイミングはどっちでも良さそうですね。

仕事などを考慮して、都合が合う方を選べば良いかなと思いました。

マレーシア航空のビジネスクラスセールとの組み合わせもアリ

クアラルンプール発券ですので、何らかの方法でクアラルンプールに行く必要があります。

今までご紹介した実現可能なJGC修行プランは、FOP単価を優先したプランで、前後に沖縄を付けてFOP単価が悪くなることを抑えています。

一方で、FOP単価をある程度無視して良ければ、マレーシア航空のビジネスクラスセールと組み合わせるプランもあります。

2018年後半は、マレーシア航空ビジネスクラスセールは値上がりしており、お得感はありませんが、そのうちお得な運賃がでる可能性も考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次