ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーン SFC修行計画を考える

目次

ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーンの基本情報

キャンペーン基本情報
  • 対象搭乗期間:2022年4月25日~7月31日まで
  • 対象路線:ANAおよびANAグループ運航の国内線全路線
  • ボーナス内容:国内線1搭乗につき1,000プレミアムポイントを積算
  • 対象運賃:マイル積算率75%以上の国内線運賃
  • 対象者:すべてのANAマイレージクラブ会員
  • キャンペーン登録:不要

ANAの公式サイトはこちら。

公式 https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/bonus-point/

マイル積算率75%以上が対象です。

積算率75%には、ANA VALUEやANA SUPER VALUEが含まれます。多くの方が購入すると思われる運賃なので、航空券購入のハードルは低いと思います。

積算率50%の国内ツアーや国内線タイムセールは対象外です。プレミアムポイント獲得を目指している方は、事前に積算率を確認しましょう。

積算率の詳細は、ANAの公式サイトに記載されています。

公式 https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tameru/flightmile/dom/

羽田ベースでSFC修行に使えるか検証

プレミアムポイントのキャンペーンが出ると、真っ先に思いつくのはSFC修行!

1月〜 12月でプラチナステータスの条件である50,000PPを獲得すると、SFCへの入会資格を得られます。詳しくは割愛しますが、SFCに入会すれば、クレジットカードの年会費を払うだけで、プラチナ相当のサービスを受けられます。

私が東京在住のため、羽田ベースでのSFC修行について考えてみます。

ANAの運賃設定はこちらから確認できます。

公式 https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/fare/domestic/applicablefare/

上記サイトで運賃設定を確認できますが、発券時期や残席状況により、最低運賃は変動します。また、フライト時刻によっては高額になる場合もあります。SFC修行の計画を立てるなら、予約画面から検索して、実際の時刻や運賃を確認する必要があります。

修行の王道 羽田=那覇 往復

国内のマイル修行の王道と言えば羽田=那覇!

飛行距離が国内線最長クラスなので、一発で獲得できるプレミアムポイントが多いです。

時間帯と運賃によっては9,000円台で発券できるので、PP単価を抑えることが可能です。

便数が多いのもいいですね。

羽田-那覇(片道)で獲得できるPPは以下の通り。

通常時PPキャンペーン適用時PP
運賃種別スーパーバリュー28スーパーバリュー28
参考運賃9,710円9,710円
PP1,476PP2,476PP
PP単価6.6円/PP3.9円/PP
(参考)羽田=那覇 普通席の運賃、PP、PP単価
通常時PPキャンペーン適用時PP
運賃種別スーパーバリュープレミアム28スーパーバリュープレミアム28
参考運賃39,110円39,110円
PP2,860PP3,860PP
PP単価13.7円/PP10.1円/PP
(参考)羽田=那覇 プレミアムクラスの運賃、PP、PP単価

運賃は発券時期や残席状況により変動するため、参考値としています。私が確認したときのスクリーンショットはこちら(普通席 / プレミアムクラス

SFC修行ではPP単価で10円が1つの目安。10円を下回ってくると、比較的お得なフライトと言えます。

羽田-那覇の普通席で、脅威のPP単価3.9円!これは、メチャクチャお得なフライトです。

ただし、注意点もあります。

最安値のフライトを狙うなら普通席の9,710円になりますが、羽田を拠点とした場合、往復で最安値のフライトを狙うのは無理。羽田発の最安値は夕方に設定されるケースが多いですが、那覇発の最安値は午前中に設定されるケースが多いためです。

那覇で1泊するなら往復で最安値のフライトを予約できますが、その分、SFC修行コストがかかってしまいます。

日帰りで羽田-那覇の修行をするなら、現実的にはこの辺りではないでしょうか。

羽田→那覇那覇→羽田
日帰りで羽田=那覇を往復する場合の現実的なフライト例

日帰り那覇修行の運賃合計とPP単価

  • 運賃合計:22,420円
  • PP合計:4,952PP
  • PP単価:4.5円/PP

週末の羽田=沖縄線は運賃が高くなります。コスト優先なら平日修行する必要があります。

テレワークできる仕事でしたら、会議さえ入らなければ、機内やラウンジで仕事できるので、無理なプランではないかなと思います。

Tekito

16:00までカードラウンジのパワーラウンジでテレワークして、17:00以降は機内でPC作業かな。機内Wifi使えば、メールとチャットならできますし。

このプランの場合、那覇滞在時間は1.5時間しかなく、空港の外に出るの厳しいです。

私の経験上、最初の3回くらいまでなら空港内でも楽しめると思いますが、その後は苦行でしかないと思います。

途中でプレミアムクラスを挟んだり、他の路線を挟むなどした方が良いと思います。

短距離フライトのピストン修行

ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーンの良い点は、短距離フライトでもSFC修行に使えること。

通常時のSFC修行では、PPを多く獲得できる長距離フライトの利用が一般的。

短距離フライトだと獲得できるPPは少なく、かと言って、PPに比例して運賃が激安になることはないので、効率や費用の観点でSFC修行向きではありません。

ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーンを利用すれば、短距離フライトでも1,000PPが加算されるので、修行効率が大幅に改善されます。

短距離フライトで修行向きとなると、以下の路線が候補。

SFC修行向き短距離フライトの例
  • 羽田=伊丹
  • 福岡=宮崎
  • 沖縄離島(那覇=石垣、那覇=宮古)

羽田=伊丹 ピストン修行

私が考える羽田=伊丹線のメリットは以下の通り。

羽田=伊丹のメリット
  • 便数多い
  • 1日に複数往復可能(頑張って3往復)
  • 土日祝日の運賃が安い(ビジネス路線なので平日は高い)
  • フライト前日でも、1万円台前半で発券可能

羽田発着の短距離フライトには、東北、北陸、中部もありますが、便数が少なく運賃が高め。羽田=伊丹は大動脈的な路線なので、便数が多く、運賃も安いです。

フライト前日に発券しても、12,000円台~13,000円台のフライトもあるので、急なSFC修行にも対応可能です。

羽田=伊丹はビジネス路線なので、平日の方が利用者が多く、運賃が高め。土日祝日の方が安いので、休日のSFC修行に向いています。

通常時PPキャンペーン適用時PP
運賃種別スーパーバリュー28スーパーバリュー28
参考運賃8,210円8,210円
PP420PP1,420PP
PP単価19.5円/PP5.8円/PP
(参考)羽田=伊丹 普通席の運賃、PP、PP単価
通常時PPキャンペーン適用時PP
運賃種別バリュー1バリュー1
参考運賃12,010円12,010円
PP820PP1,820PP
PP単価14.6円/PP6.6円/PP
(参考)羽田=伊丹 普通席の運賃、PP、PP単価

運賃は発券時期や残席状況により変動するため、参考値としています。

コストを優先するなら、8,000円台のスーパーバリューになります。ただし、早朝の1便だけなど、便数は限定的です。

羽田=伊丹の便数を活かすなら、なんといってもピストン修行でしょう。頑張れば1日で3往復できます。

1往復目2往復目3往復目
日帰りで羽田=伊丹を往復する場合の現実的なフライト例

羽田=伊丹ピストン修行の運賃合計とPP単価

  • 運賃合計:75,560円
  • 往復回数:3回
  • PP合計:10,920PP
  • PP単価:6.9円/PP

PP単価は6.9円/PP。

前述の羽田=那覇の4.5円/PPには及びませんが、まずまずのPP単価だと思います。終日を修行に費やす必要がありますが、1日で10,920PPと大量獲得できるのは良いですね。

福岡=宮崎 ピストン修行

福岡=宮崎線は、JALの回数修行でお馴染みの路線です。

JALのJGC修行では、FOP修行と回数修行の2パターンあり。FOP修行なら50,000FOP、回数修行なら50回の搭乗が必要。福岡=宮崎は運賃が安く、便数も多いため、回数修行の聖地になっています。

ANAのSFC修行では、搭乗ポイントを積算するPP修行だけで、回数修行はありません。そのため、SFC修行では福岡=宮崎はマイナーな路線。

しかし、ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーンで、1区間で1,000PP積算されるとなると話は別。運賃が安く、便数が多い路線は修行には最高です。

通常時PPキャンペーン適用時PP
運賃種別スーパーバリュー55スーパーバリュー55
参考運賃5,610円5,610円
PP196PP1,196PP
PP単価28.6円/PP4.7円/PP
(参考)福岡=宮崎 普通席の運賃、PP、PP単価

運賃は発券時期や残席状況により変動するため、参考値としています。私が確認したときのスクリーンショットはこちら

回数修行の聖地ですが、デメリットもあります。

福岡=宮崎のデメリット
  • 羽田=福岡、羽田=宮崎のフライトは、早期に購入しないと高額になる。
  • 福岡=宮崎 1往復で貯まるPPが少ない。
  • 3往復以上は、現地に宿泊する必要がある。

福岡や宮崎までのフライトは、早く購入しないと高額になります。入念な計画が必要です。また、福岡=宮崎はフライト時間が短くてピストン修行をしやすいですが、肝心のPPが稼げません。

沖縄離島 ピストン修行

沖縄の離島路線である那覇=石垣と那覇=宮古も、短距離フライトで便数が多い路線です。

通常時PPキャンペーン適用時PP
運賃種別バリュー3バリュー3
参考運賃10,240円10,240円
PP770PP1,770PP
PP単価13.3円/PP5.8円/PP
(参考)那覇=石垣 普通席の運賃、PP、PP単価
通常時PPキャンペーン適用時PP
運賃種別バリュー3バリュー3
参考運賃9,840円9,840円
PP665PP1,665PP
PP単価14.8円/PP5.9円/PP
(参考)那覇=宮古 普通席の運賃、PP、PP単価

運賃は発券時期や残席状況により変動するため、参考値としています。私が確認したときのスクリーンショットはこちら(那覇-石垣 / 那覇-宮古

PP単価は5円台後半なので、SFC修行に使える路線だと思います。

注意としては、修行を開始するために、まず那覇に行く必要あり。先ほどご紹介した通り、羽田=那覇の最安値は午後の便です。となると、那覇に到着してもすぐに修行はできず、翌日まで待つ必要があります。

観光とセットならアリだと思いますが、単純な修行として使うには、効率が悪い印象です。

バリュートランジット28が最強

ANA国内線ボーナスプレミアムポイントキャンペーンを最大限に活用するなら、バリュートランジット28が良さそうです。

大阪発着の場合は、PP単価は3円台を実現できます。

ただし、羽田発着の場合は、PP単価は悪くなります。

主に、関西在住の方向けかと思います。もしくは、大阪に宿泊す流などの対応が必要です。

バリュートランジットでPP単価が良いフライト
  • 大阪発 →(羽田経由)→ 北陸着
  • 羽田発 →(大阪経由)→ 四国着

バリュートランジットを利用して、羽田発着で日帰り修行をするなら、次のようなプランでしょうか。

羽田→関西関西→小松小松→羽田
羽田発着でバリュートランジット28を利用した日帰りフライト例

羽田-関西-小松-羽田の運賃合計とPP単価

  • 運賃合計:28,860円
  • PP合計:5,872PP
  • PP単価:4.9円/PP

SFC修行計画

ここまでで紹介した路線や、その他の路線を使って、SFC修行計画を考えてみました。

日付 便名 区間 クラス 運賃種別 PP 運賃
[円]
PP単価
6.13 NH3841 羽田-福岡 普通席 スーパーバリュー21 1,850 9,480 5.1
NH4667 福岡-宮崎 普通席 スーパーバリュー21 1,196 7,910 6.6
NH4670 宮崎-福岡 普通席 スーパーバリュー21 1,196 7,910 6.6
NH3841 福岡-羽田 普通席 スーパーバリュー21 1,850 13,480 7.3
6.20 NH477 羽田-那覇 普通席 スーパーバリュー28 2,476 9,710 3.9
NH1098 那覇-羽田 普通席 スーパーバリュー28 2,476 12,710 5.1
6.21 NH477 羽田-那覇 普通席 スーパーバリュー28 2,476 9,710 3.9
NH1098 那覇-羽田 普通席 スーパーバリュー28 2,476 12,710 5.1
6.22 NH477 羽田-那覇 普通席 スーパーバリュー28 2,476 9,710 3.9
NH1098 那覇-羽田 普通席 スーパーバリュー28 2,476 12,710 5.1
6.23 NH477 羽田-那覇 普通席 スーパーバリュー28 2,476 9,710 3.9
NH1098 那覇-羽田 普通席 スーパーバリュー28 2,476 12,710 5.1
6.24 NH751 羽田-小松 普通席 スーパーバリュー28 1,316 8,370 6.4
NH754 小松-羽田 普通席 バリュートランジット28 1,516 12,880 4.1
NH991 羽田-関西 普通席 バリュートランジット28 1,620
NH992 関西-羽田 普通席 スーパーバリュー28 1,420 8,810 6.2
6.25 NH13 羽田-伊丹 普通席 バリュー1 1,820 12,010 6.6
NH18 伊丹-羽田 普通席 バリュー1 1,820 13,510 7.4
NH21 羽田-伊丹 普通席 バリュー1 1,820 12,010 6.6
NH21 伊丹-羽田 普通席 バリュー1 1,820 12,010 6.6
6.26 NH13 羽田-伊丹 普通席 バリュー1 1,820 12,010 6.6
NH18 伊丹-羽田 普通席 バリュー1 1,820 13,510 7.4
NH21 羽田-伊丹 普通席 バリュー1 1,820 12,010 6.6
NH21 伊丹-羽田 普通席 バリュー1 1,820 12,010 6.6
7.2 NH25 羽田-伊丹 普通席 バリュートランジット28 1,620 18,750 6.1
NH1643 伊丹-松山 普通席 バリュートランジット28 1,438
NH1648 松山-伊丹 普通席 バリュートランジット28 1,438 19,050 6.2
NH40 伊丹-羽田 普通席 バリュートランジット28 1,620
  • 修行回数:9回
  • フライト合計:28フライト
  • 運賃合計:295,400円
  • PP合計:52,448PP
  • PP単価:5.6

実際にANA予約サイトから確認したフライトや運賃なので、実現可能な計画になっています。

修行するならプラチナ向け

修行効率を優先すると、同じ路線を何往復もすることになるので、早々に飽きてきてします。頑張っても10回の修行でプラチナを目指すのが限度ではないでしょうか。

もしくは、PP単価は悪くなりますが、プレミアムクラスを使うとか、本当に旅行で行きたいところに行くとか。

私自身は、JGC修行になりますが、羽田-那覇を普通席やクラスJでひたすら往復したことがありますが、3回目くらいからは苦行でした。

PP単価優先でダイヤモンド修行するのは、かなりの苦行であり、文字通り「修行」になると思います。

個人的には、修行で使うなら、これからプラチナやSFCを取得したい人向けだと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次