【搭乗記】JAL JGCクリスタルを目指して沖縄タッチ! 羽田=那覇 往復

JAL B777-300

2018年はSFC修行やJGC修行はしておらず、平SFCと平JGCとして平和な日々を過ごしていました。

とは言っても、旅行や出張で飛行機には乗っており、気が付けば、JALはクリスタル目前に。

クリスタルになると、平JGCよりもボーナスマイルが増えたり、何より国内線2倍FOPキャンペーンが利用できるようになります。

と言うわけで、クリスタルを達成するため、羽田=那覇の単純往復をしてきました。

目次

フライト&FOP サマリー

フライト予約クラス運賃FOPFOP単価
JL919 羽田→那覇普通席 ウルトラ先得10,190円1,242FOP8.2円
JL920 那覇→羽田普通席 ウルトラ先得10,990円1,242FOP8.8円

JL919 羽田→那覇

フライト情報

羽田空港14番ゲート
搭乗年月 2018年12月
航空会社 JAL
フライト JL919 羽田(HND) → 那覇(OKA)
機材 B777-300
クラス 普通席 (JAL SKY NEXT)
運賃種別 ウルトラ先得
マイル 1,242マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 1,476FOP
座席 45K (非常口席)

やっぱり非常口席は快適

JAL B777-300

本日の機材は、B777-300です。先日の記事で、B777-300の普通席に乗るなら、クラスJのすぐ後ろがオススメだと書きました。

自信を持ってオススメできるのですが、やっぱり人気のシートなんでしょう、予約時点では全席埋まっていました。

JAL B777-300非常口席

そのような場合は、非常口席がオススメです。非常口席の方が座席数が多いため、指定できる可能性が高いです。

JAL B777-300非常口席
JAL B777-300非常口席

非常口には脱出用シューターが設置されており、でっぱりがあります。

窓側に座ると足が当たると気にする方もいるかもしれませんが、足を伸ばしても全然平気です。(私の身長は170cm)

那覇空港からは一歩も出ず

帰りの便の搭乗時刻までは約2時間。と言う訳で、空港はから一歩も出ずに時間を潰しました。

那覇空港 JALクリスマスツリー

クリスマス前のため、クリスマスツリーが飾られていました。

那覇空港 ANAクリスマスツリー

ANA側にもクリスマスツリーがありました。

天然酵母パン

することが無いので、足早にサクララウンジに行きました。まぁ、サクララウンジに言ってもすることが無いんですがね。

沖縄黒糖の天然酵母パンとシークワーサージュースが今晩の夕食です。

JL920 那覇→羽田

フライト情報

JAL B777-300
搭乗年月 2018年12月
航空会社 JAL
フライト JL920 那覇(OKA) → 羽田(HND)
機材 B777-300
クラス 普通席 (JAL SKY NEXT)
運賃種別 ウルトラ先得
マイル 1,242マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 1,476FOP
座席 44D

Cコンパートメントの最後部座席

JAL B777-300普通席

座席は44D、Cコンパートメントの最後部座席です。シートピッチが広いということも無く、ごく普通の普通席です。

JAL B777-300普通席

最後部座席のメリットは、後ろを気にせずリクライニングできることくらい。

都道府県シール

都道府県シールも頂きました。(機内で撮影し忘れたため、帰宅してから撮影してます。)

山形をもらったのは初めてですが、それ以外は重複です。

ちなみに、行きのフライトでも都道府県シールを頂きましたが、たったの1枚だけ。しかも重複してました。同じB777-300でも、CAさんの裁量により、もらえる枚数はバラツキます。

2018年はJGCクリスタル達成!

2018年FOP合計

今回の沖縄単純往復で、30,000FOPを達成!2019年はJGCクリスタルになります。

うーん、それにしても、FOPが全然貯まってませんね。。。雑魚すぎです。

既にサファイヤ相当のJGCを持っているため、下位のステータスであるクリスタルを取得しても、通常であれば大したメリットは無いと思います。

それでも、2019年はJGC修行(プレミア修行)で多くJALに乗る見込みなのと、ボーナスマイルや国内線2倍FOPキャンペーにおいて、平JGCよりもメリットがあるので、クリスタルでも私としては満足です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次