【搭乗記】JAL SKY SUITEはほぼ個室!JL720 ジャカルタ→成田 ビジネスクラス

JAL SKY SUITE

アラスカ航空のマイルを利用して、JALビジネスクラスに3日間で4回搭乗して来ました。

成田から関西に行くのに、成田→ジャカルタ→成田→桃園→関西という変態的なルートを飛んでいます。

アラスカ航空的には、これらのフライトは片道扱い。25,000マイルで搭乗できてしまいます。必要な25,000マイルは、バイマイルで購入しました。かかったコストはたったの57,500円です。1フライト当たり約15,000円です。

ただし制約もあり、日本発着の場合は経由地での乗り継ぎは24時間以内とする必要があります。従って観光はゼロ、JALビジネスクラスに乗ることが目的の乗りヒコです。

今回は2フライト目のジャカルタ→成田のフライトについてです。ビジネスクラスはJAL SKY SUITEです。窓側席を選べばほぼ個室、庶民の私にとっては文句の付けようがありませんでした。

目次

フライト情報

窓からの景色
搭乗年月 2018年8月
航空会社 JAL
フライト JA720 ジャカルタ(CGK)→東京/成田(NRT)
機材 B787-8 JA842J
クラス ビジネスクラス (JAL SKY SUITE)
運賃種別
マイル 積算対象外
FOP 積算対象外
座席 7A
備考 アラスカ航空マイル利用

搭乗記

残り3フライトのチェックイン完了

チェックインカウンター

本日の2フライト(ジャカルタ→成田、成田→台北/桃園)だけのチェックインでよかったのですが、翌日のフライト(台北/桃園→大阪/関西)もチェックインしてくれました。

JALの予約上は、ジャカルタ成田台北/桃園大阪/関西というルートが一区間としてまとまっていました。そのため、翌日の関西までのフライトがチェックインされたのでしょう。

チェックインカウンターのインドネシア人は、最初は決まり文句の日本語で話していましたが、イレギュラーな乗客であることが判明してからは、英語でのやり取りになりました。

ボーディングパス

翌日のフライトまでチェックインして頂けたので、ボーディングパスが3枚になってしまいました。邪魔なんで、本当は本日のフライトだけで良かったんですがね。

JAL SKY SUITEに搭乗

シートマップ
JAL B787-8 シートマップ(161席仕様)

本日の機材はB787-8(161席仕様)です。ビジネスクラスはJAL SKY SUITEです。私の座席は7A、Bコンパートメントの最前列です。

JAL SKY SUITE

シートの上には、プリセットとして以下の5点が置いてありました。

  • ノイズキャンセリングヘッドフォン
  • スリッパ
  • アメニティーポーチ
  • ブランケット

最前列のため、窓側にアクセスするための通路が若干広めでした。

リクライニングのコントローラー

シートリクライニングのボタン類です。JAL SKY SUITEのボタン類は、もう少し洗練されたボタンかと思っていましたが、意外にもシンプルでアナログな感じのボタン類でした。

このようにアップにしてみると、ボタン類よりも壁紙の剥がれの方が気になってしまいました。

コントローラー

その一方で、個人用コントローラーはスマホタイプのタッチパネル式になっており、デジタル感がありました。

コンセントとUSBポート

コンセントやUSBポートは、入口付近の側面に備え付けられています。

窓から見た駐機場

7Aはエンジンの真横に位置しています。

優先搭乗で早目に席に着いて、ウェルカムドリンクを待っていました。が、一向に提供される気配無し。そしてCAさんからいつものアナウンス。

CA

業務連絡です。客室乗務員はドアモードをオートマティックにし、相互確認をしてください。

結局、ペットボトルの水を頂いただけでした。

行きのフライトでは、ほぼ最後に搭乗したためウェルカムドリンクを頂けなかったものと思っていました。しかし、そもそもウェルカムドリンクは無さそうです。

JALビジネスクラスに搭乗するのは、2016年以来の約2年ぶり。そのときは、ちゃんとウェルカムドリンを頂けたのですが、いつの間にか無くなったみたいです。

窓からの景色

搭乗から50分程度経過して、CGKを離陸しました。

離陸後の軽食タイム

窓からの景色

機内に入ってから70分程経過すると、安定飛行に入りシートベルト着用サインが消えました。ここからは、軽食のサービスが開始です。

軽食
  • スモークサーモンとビーフパストラミのサンド
  • ドリンク

軽食のサンドイッチに加えて、シャンパンを頂きました。

担当して頂いたCAさんとっても気を遣ってくれて、グラスが空になる手前で注いでくれます。また、このCAさんに朝食を食べてきたか尋ねられました。

Tekito

朝が早くてほとんど食べてないっす。

と伝えたら、CAさんにお昼分の機内食を今食べるか聞かれました。さすがに個別対応でお昼ご飯を頂くのは申し訳ないと思いお断りしましたが。

そうしたら今度は、軽食のカップ麺を薦めていただきました。うどんですか、ちゃんぽんですかい、そばですかいの3種類から選べるとのことです。

という訳で、うどんですかいを頂くことにしました。

うどんですかい

ビジネスクラスはほぼ満席。行きの空気輸送状態のガラガラビジネスクラスよりも、今回の帰りのフライトの方が乗客は多いです。

乗客が少ない方が、乗客一人当たりに対するサービスが良くなりそうな気がしますが、今回のフライトの方が、全体的にサービスが良かったです。

この辺り、CAさんに依存するんだなぁと思ったところです。

消灯した機内

軽食が終了すると、一旦消灯タイムとなりました。

機内食

日本時間の13:00頃、昼食の機内食タイムがスタート。海外発のフライトの和食は期待できないと思い、洋食を選択しました。

成田=ジャカルタ線は7時間オーバーの中距離国際線。と言う訳でコース形式の機内食です。短距離だと効率重視のワンプレートの機内食となりますが、ジャカルタ線だと機内食を楽しめます。

前菜

前菜
  • 海老のハーブマリネ
  • コンソメゼリー ポテトビーツサラダ
  • サーモンコンフィ クレソンピュレ
前菜

綺麗に盛り付けられていました。味もGOODでした。

メインディッシ

メインディッシュ
  • 牛フィレ肉のグリル 蜂蜜バルサミコソース

デザート

デザート

食後のデザートはハーゲンダッツです。ジャカルタで積んでいるためか、東京発と比較して大き目です。

ほぼ個室!JAL SKY SUITEが素晴らしい

離陸して安定飛行に入ると、可動式プライバシーパーティションを上げることができます。

プライバシーパーティションを上げた状態

パーティションを上げるとほぼ個室状態。素晴らしく落ち着きます。搭乗前はビジネスクラスの個室タイプは狭くて、圧迫感がありそうかなと勝手に想像していました。ですが、この想像は完全に間違いでした。

プライバシーパーティションを上げた状態

個室状態にしてもシートの幅に余裕があるので、圧迫感がありません。

なお、通路側の席には通路側のパーティションが無いのため、個室状態にはなりません。JAL SKY SUITEなら窓側をオススメします。

機内食の後は消灯、そして着陸へ

機内食のサービスが終了すると、再び消灯してしまいました。そして到着の約40分前に明かりが付きました。

明かりが付いた後サービスは終了して、あっという間に着陸でした。

着陸時の景色

7Aの座席はエンジンのほぼ真横なので、着陸時の逆噴射の様子がよく見えました。

JAL B787-8

次のフライト(成田→台北/桃園)までは約1.5時間あります。搭乗ゲートは違いますが、また成田のボーディングブリッジに戻って来ることになります。

まとめ

はっきり言って、JAL SKY SUITEは素晴らしいです。私如きには文句の付けようがありませんでした。個室感を重視するなら、圧倒的に窓側がおススメ。安定飛行に入ってからパーティションを閉めれば、ほぼ個室になります。

行きの成田→ジャカルタの記事でも書きましたが、消灯時間が長い点が残念でした。読書したりPC作業をするにはちょっと辛い。また暗いと何だかんだ寝てしまい、損した気分になってしまうので。

この後は、成田で国際線乗り継ぎをして、台北/桃園に向かいます。次のフライトはJAL SKY SUITE IIです。このフライトで、JAL SKY SUITE I〜IIIを制覇です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次