【搭乗記】ANA NH813便 成田→ヤンゴン ビジネスクラス 2017年2月 ANA BUSINESS CRADLE

機内食

ANA 成田→ヤンゴン線(NH813便)のビジネスクラスに搭乗する機会がありましたので、感想などをまとめてみます。

エアージャパン運航によるB767-300ERで、シートはANA BUSINESS CRADLEでした。ANA BUSINESS STAGGEREDではない点が残念でしたが、庶民の私にとっては十分すぎるフライトでした。

目次

フライト情報

ANA B767-300ER
搭乗年月 2017年2月
航空会社 ANA
フライト NH813 東京/成田(NRT) → ヤンゴン(RGN)
機材 B767-300ER JA621A
クラス ビジネスクラス(ANA BUSINESS CRADLE)
運賃種別 U(積算率70%)
マイル 4,072マイル
PP 3,133PP
座席 7A
備考 アップグレードポイント利用

ANA便ですが、エアージャパン(NQ)による運行です。ANA系列の航空運送事業者で、アジアやリゾート方面の国際線と貨物便を運航しています。各種サービスはANAに準じているため、普通に登場する分には、ANAとの違いは全く感じません。

個人的に感じる違いとしては、以下の2点くらいですね。

  • 機体にAir Japanと記載されている点
  • パイロットに外国人が多い点
ANA BUSINESS CRADLE
ANA BUSINESS CRADLE(ANA WEBサイトより)

シートはANA BUSINESS CRADLEです。

シートの写真を撮影していないため、ANA WEBサイトより拝借させていただきました。フルフラットにはなりませんが、昼間のフライトであれば十分すぎます。

ただし、ヤンゴン→成田は深夜便ということを考えれば、フルフラットにならない点が悔やまれます。

搭乗記

搭乗から離陸まで

ANA BUSINESS CRADLE

シートはANA BUSINESS CRADLEです。2-1-2の昔ながらのレイアウトです。フルフラットにもなりません。またANA BUSINESS STAGGEREDほどのプライベート感もありません。

最後の方で搭乗したため、機内全体の写真撮影はしませんでした。本日の成田→ヤンゴン線のビジネスクラスはほぼ満席で、空いている座席は2席だけ。運良く私の隣は空席でした。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクは、オレンジジュースとシャンパンから選べます。今回はオレンジジュースをチョイス。プラスチックカップにオレンジジュースなので、もはやビジネスクラス感はゼロ。安っぽさが演出されています。

離陸後の機内サービス

離陸後のドリンクとおつまみ

離陸後のドリンクでは、シャンパンをチョイス。おつまみも、エコノミーとは違いますね。

機内食

機内食は洋食をチョイス。うーん、味は普通ですね。

ワンプレートでの提供するあたりは、効率重視な感じがしました。7時間近いフライトなので、コース形式でも良い気がしました。

かぼすジュースとチョコレート

消灯中にはチョコレートのサービス。カボスジュース、ANAのジュースの中で一番好きです。

舞茸うどん

軽食には舞茸うどん。美味しかったです。

ビジネスクラスの後方座席だったため、CAさんが乗客に舞茸うどんを運んでいる姿がよく見えたのですが、舞茸うどんを注文している乗客は1/4程度でした。

ウイングレット

エアージャパンの主力機材、Boeing767-300ER。ウイングレットがかっこいい。

成田→ヤンゴンのフライトは約7時間。昼間のフライトですが、途中で消灯時間もあるので、寝てしまうと、あっと言う間のフライトでした。

まとめ

機内食や機内サービスは、コスト削減を重視したビジネスクラスといった印象を受けました。昼間のフライトなのでライフラットでも全然OKなのですが、帰りのフライトは深夜便になります。そのことを考えると、フルフラットにならないシートは残念に思えました。

[追記] 翌月にも同じ成田→ヤンゴン線のビジネスクラスに搭乗しました。そのとき搭乗記はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次