ヤンゴンから日帰りでチャイティーヨー(ゴールデンロック)に行く

チャイティーヨー

仕事で流れ着いたミャンマー。週末を利用してゴールデンロックで有名なチャイティーヨーに行くことにしました。仕事の都合があるので泊まりはNG。日帰りで行ってきましたので、旅程や感想をまとめておきます。

目次

タクシーでチャイティーヨーに行くことに

仕事でヤンゴンに来ており、週末を利用してチャイティーヨーに行くことにしました。

仕事で来ているので仕事が最優先。そのため、宿泊で行くことが難しく、確実に日帰りで往復する必要があります。まぁ、ミャンマーで確実なんて言葉は無いのかもしれませんが、リスクは最小限に抑えたいところ。

チャイティーヨーに行く方法は、

  • 電車
  • バスー
  • タクシー

があります。

現地人の話では、電車だとどんなに早くても到着が午後になるとのことで却下。

バスの場合、ヤンゴンから日帰りをしている弾丸トラベラーもいるようですが、帰りのバスに確実に乗れるのか心配。また、肉体的な疲労と、時間に追われて余計なストレスを感じる可能性大。

という訳で、今回は時間を重視してタクシーをチャーターして、チャイティーヨーを目指すことにしました。時間と安心をお金で買う感じですね。私は一人で行きましたが、グループで行けば負担は減ります。

料金や時間の結果は、以下の通りです。

  • タクシー1日チャーター料金:120,000ks(約10,440円)
  • ホテル出発:5:00
  • ホテル到着:18:00
  • 現地滞在時間:約3時間

チャイティーヨー旅行記

ヤンゴンからチャイティーヨーに行く

事前にタクシー会社に連絡して、タクシーを1日チャーターしました。ホテルまで迎えに来てもらい、朝5時にヤンゴン市内のホテルを出発。車は、中古の日本車セダン(車種は忘れました。)でした。

朝が早いため、道中は爆睡でした。

ドライバーに「途中で朝食を食べたい」と伝えておいたため、途中のドライブイン的なところによりました。

チャイティーヨーの麓のキンプンまでは、休憩を含めて、約5時間かかりました。

キンプンのバスターミナル、というかトラックターミナル。

ここから、乗り合いのトラックに乗り込んで、チャイティーヨーを目指します。

トラックの荷台にすし詰めにされます。料金は2,000ksです。

なお、荷台ではなくて、助手席や運転席の後部座席にも乗ることができます。聞いた感じでは、5人で15,000ks。5人集まれば1人当たり3,000ksですが、仮に1人しか集まらない場合は、1人で15,000ks払う必要があるみたいです。

道は舗装されていますが、かなりの急勾配を駆け上がっていきます。体感的には、結構飛ばしている感じです。

いつもアジアに行くと思うのですが、ローカルの人々って、普段の行動はダラダラしてるくせに、車に乗るとクラクションを連発して、我先に行こうとするんですよね。

本当に救いようがありません。

あ、口が悪くてすみません。

チャイティーヨーとご対面

頂上のトラックターミナルからは、歩いてゴールデンロックを目指します。

チャイティーヨーの入り口。ここから裸足になります。

ミャンマーの観光では裸足になることが多いので、サンダルを強くオススメします。あとは、汚れた足を拭くためのウェットティッシュですね。

チェックポイントで入場料を払います。外国人の入場料は6,000ksでした。

名前と国籍を記入するのですが、日本人も何人か記載されていました。どこにでも、日本人はいるもんですねー。

チャイティーヨーの敷地内です。石畳の上を裸足で歩きます。白い石はそれほど熱くないのですが、色が違う石の上を歩くと、メチャクチャ熱い。

ゴールデンロックとご対面。正直な感想としては、だたの岩ですね。

本当はライトアップされたゴールデンロックも見たかったのですが、日帰りでヤンゴンに戻るので、今回は見れませんでした。

男性はゴールデンロックの間近まで近づくことができますが、女性はNG。男の子か女の子かわからない小さい子供は、ズボンを下ろされ確認されていました。

手荷物を持っていくことができないため、ゴールデンロック間近の写真はありません。ミャンマー人は金粉をゴールデンロックに張って、お祈りをしていました。女性は近づけないので、男性に金粉を渡して張ってきもらっているみたいです。

チャイティーヨー内では、シートをひいて座り込んでいる家族を多く見かけました。この人たち、夜までここで過ごすそうです。中には、野宿する人たちもいるとか。

チャイティーヨーからヤンゴンへ帰る

帰りもトラックの荷台に詰め込まれて、今度は山を下ります。下りは結構怖いです。もしブレーキが壊れたりしたら、あっという間に崖の下。死ぬこと間違い無しです。

麓のキンプンに到着したら、待機してもらっていたタクシーを捕まえて、ヤンゴンに戻ります。無事、18:00にホテルに戻ることができました。

まとめ

タクシーなので少々値段は高いですが、ヤンゴンからチャイティーヨーへは、余裕で日帰りできました。チャイティーヨーには約3時間ほど滞在していました。ゴールデンロックを見るだけであれば十分でした。

ローカル感を味わうには、バスや電車が良いと思いますが、時間がない方やグループで行かれる方には、タクシーは便利だと思いました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次