Windows最高のモバイルキーボード、Microsoft Designer Compact Keyboardの使用レビュー

Microsoftから発売されているDesigner Compact Keyboard(デザイナーコンパクトキーボード)を購入しました。

結論から言うと、Windowsユーザにとって最高レベルのモバイルキーボードです。

シンプルで無駄が無いデザインなので携帯性は抜群。キーピッチは標準的な19mmなのでタイピングは快適。Bluetooth5.0に対応していて、私の環境では接続切れや入力遅延は全くありません。

全てが完璧では無いですが、実際に使って感じたメリット・デメリットなどを紹介します。

目次

デザイナーコンパクトキーボードの基本情報

製品仕様

接続インターフェイスBluetooth Low Energy 5.0
無線周波数2.4 GHz 周波数帯
無線通信距離戸外で 33 フィート (10 m)、通常のオフィス環境で最大 17 フィート (5 m)
互換性Microsoft Windows 11 Home/Pro/10/8.1
デバイスは、Bluetooth 4.0 以上に対応している必要があります
本体サイズ284.07 x 110.77 x 9.05 mm
重量288 g (電池含む)
バッテリCR2032 リチウム コイン電池 4 個 (同梱、装着済み)
バッテリ寿命最大 36 か月
マットブラック、グレイシア
保証1 年間の限定保証
技術詳細Bluetooth LE 5.0
専用の絵文字キーと画面スニッピング キー
シザー キーセット、1.35 mm ロー プロファイル キーストローク
製品機能パフォーマンスマルチホスト対応: 最大 3 台のデバイスに接続
電源オン/オフ スイッチ
高度な機能: クイックペアリングによる簡単接続
キーアクティブ化: ムービング (シザー キー)
レイアウト: 日本語配列 ファンクション キー (F1 ~ F12)
Windows ショートカット、メディア コントロール、絵文字入力、画面のスニッピングなどの専用ボタン
技術仕様(マイクロソフトHPより)

パッケージ

それでは、早速パッケージからチェックしていきたいと思います。

カラーバリエーションはマットブラック、グレイシアの2色です。今回購入したのはマットブラックです。

パッケージを開封すると、キーボードがピッタリと収まっています。

同梱物はミニマムで、キーボードの他には取扱説明書と保証書のみ。

Bluetooth接続で有線接続ができないのと、ボタン電池で動作するため、ケーブルは一切ありません。

電池カバーを開けるにはSIM ピンが必要ですが、SIMピンは同梱物に含まれていませんでした。SIMピンを持っていない人は、爪楊枝や針など、先が細い棒状のモノが必要になります。

Surface Laptop・ThinkPadとの比較

上がSurface Laptop 3、下がDesigner Compact Keyboard

Surface Laptop 3 13.5インチのキーボードと比較するると、キーボードのサイズ感はほぼ同じです。電源ボタンや変換/無変換キーなど、一部のキーで違いはありますが、Surface Laptopユーザなら違和感なく利用できます。

上がThinkPad TrackPoint Keyboard II、下がDesigner Compact Keyboard

ThinkPad TrackPoint Keyboard IIと比較すると、キーボード全体のサイズの違いは一目瞭然。マイクロソフトデザイナーコンパクトキーボードは縁がほぼ無いので、キーボード全体は小さくまとまっています。

私は、毎日ThinkPad TrackPoint Keyboard IIを持ち歩いていましたが、マイクロソフトデザイナーコンパクトキーボードの方が一回り小さいので、モバイル用途にも向いていると思います。

デザイナーコンパクトキーボードの良い点

無駄の無いデザイン

無駄が無く、ぎっしり詰まったデザイン

Microsoft Designer Compact Keyboardを検討する方であれば、ロジクールのMX Keys Miniも候補になるのでは無いでしょうか?私も、Microsoft Designer Compact KeyboardとMX Keys Miniで迷いました。

MX Keys MiniはMacにも対応していて、キーにはWindowsとMacの刻印がされています。そのため、見た目はゴチャゴチャした印象がありました。

Microsoft Designer Compact Keyboardは、Windowsのみ対応なので、Macの刻印は無く、見た目はスッキリとした印象です。

打鍵感

キーボードの打鍵感の好みは人それぞれなので、家電量販店などで実物を触ってみることをお勧めします。

私の好きな打鍵感は、ノートPCなどで採用されているパンタグラフ式のキーボードで、パチパチとした打鍵感です。ThinkPadのキーボードや、MacBook Air/Proなどのシザーキーボードあたりは好みです。

打鍵音はパチパチしており、非常に静かです。オフィスやカフェで使っても、周囲の迷惑にはならないレベルです。

触り心地は、完全なプラスチックではなく、少しラバー加工されているような感じです。言葉で表すのは難しいですが、しっとりした感じです。

標準的なレイアウトとキーピッチ

キーピッチは19mm

キーピッチとは「キートップの中央から中央までの間隔」のことです。18.5mm〜19mm幅が標準とされています。

私の経験上、キーピッチが18mm以下になると、タイピングが窮屈になり、指が迷います。

なので、キーピッチは18.5mm〜19mmが、キーボードを選ぶ際の必須条件でした。

マイクロソフト デザイナーコンパクトキーボードのキーピッチは、実測で19mmです。タイピングミスも少なくなり、非常に打ちやすいキーボードです。

Bluetooth 5.0による安定した接続

Bluetoothキーボードの中には、Bluetoothバージョンが3や4のものがあります。マイクロソフト デザイナーコンパクトキーボードは、Bluetooth 5.0対応なので、接続は非常に安定しています。

以前からBluetooth接続のキーボードを使っていましたが、特に安い製品だと接続が安定しませんでした。キーを叩いたときの反応が悪かったり、Bluetooth接続が途切れることもありました。

一方で、私は仕事でThinkPad TrackPoint Keyboard IIも使っています。14,000円程度する比較的高価なキーボードですが、Bluetooth 5.0に対応しているため、接続はとっても安定しています。1年以上使っていますが、めちゃくちゃ快適です。

では、マイクロソフト デザイナーコンパクトキーボードはどうでしょうか?

結論としては、非常に安定しています。

3台のデバイスを切り替えて利用できる

F1キーでBluetooth接続先の切り替え

マイクロソフト デザイナーコンパクトキーボードは、3台のデバイスとペアリングでき、切り替えて使うことができます。

F1キーにBluetoothマークが刻印されていて、このキーを長押しすることで、順番にデバイスを切り替え可能です。

デザイナーコンパクトキーボードのイマイチな点

電池交換にはSIMピンが必要

電池のカバーを開けるにはSIMピンが必要

電池のカバーを開けるには、SIMピンが必要です。

モバイルキーボードなので、持ち運んで利用するケースも多くなると思います。外出先で電池切れになったら、SIMピンが必要になりますが、SIMピンを持ち運んでいる人って、どのくらいいるのでしょうか?

私は普段はSIMピンなんて持ち歩いていないので、電池切れになったら、自宅やオフィスに戻らないと、電池交換ができません。

ボタン電池

ボタン電池(CR2032)を4個利用

デザイナーコンパクトキーボードは、4個のボタン電池で動作します。ボタン電池は、CR2032というベーシックな型番なので、コンビニ等で入手可能です。

エネループなどの充電池が使えればエコなんですけどね。個人的には、ボタン電池を日常で使っていないので、家にストックはありません。いちいち買いに行くの面倒です。

とは言え、Microsoftは最大36ヶ月バッテリーは持続すると公表しているので、電池交換頻度は低いと思います。3年もすれば、キーボード本体の方が寿命を迎えるかもしれませんね、

Windows用のキー配置

マイクロソフトから発売しているキーボードなので当たり前かもしれませんが、Windows用のキー配置になっています。

MacやiOSで利用すると、キーボードに刻印されているキーとは違う文字が入力されます。

JISキーボードではなく、USキーボードとして認識されるようで、この点はどうしようもありません。

「¥」と「Backspace」が小さい

「¥」キーと「Backspace」キーは小さい

良い点として、標準的なレイアウトとご紹介しましたが、「¥」と「Backspace」のキーが小さいですね。

「Backspace」は右端にあるので、問答無用で右端を叩けばOKであり、指の迷いはありません。

「¥」キーは両サイドに別キーがあるので、ピンポイントで叩く必要があります。私の場合は少し指が迷います。

「A」「あ」キーはMicrosoft IMEのみ対応

Microsoft IMEのオン・オフは、スペース横の「A」と「あ」で切り替え可能

Microsoft IMEのオン・オフは、スペースキー横の「A」と「あ」で切り替えできます。要するに、「A」を押すと半角英数入力になり、「あ」を押すと日本語入力になります。Macの日本語入力切り替えと同じですね。

もちろん、キーボード左上の「半角/全角」でも日本語入力切り替えは可能です。

しかし、Microsoft IMEでしか「A]」「あ」キーは反応しません。つまり、Google日本語入力など、Microsoft IME以外を利用している場合は、これらのキーは使えないようです。

キーボードに傾斜がつかない

Microsoft Designer Compact Keyboardの裏面

人によっては、キーボードに傾斜を付けた方が打ちやすい方もいらっしゃると思いますが、マイクロソフト デザイナーコンパクトキーボードは傾斜をつけられません。

キーボードの裏面には、傾斜をつける脚がありません。

Microsoft Designer Compact Keyboardの傾斜

傾斜がつきませんが、打ちにくい感じはしませんでした。

普段使っているノートPCもキーボードに傾斜をつけられないので、フラットなキーボードでも違和感無く使えています。

Windowsユーザなら絶対に買い

Microsoft Designer Compact Keyboardは値段が8,000円程度するため、キーボードとしては安い買い物ではありません。キーボードは、3,000円以下で買える安い製品もたくさんありますし。

私自身、安いBluetoothキーボードをいくつか買ってきましたが、接続が悪かったり、「こんにちはああああああ」のように文字が連打されたりと、Bluetoothキーボードで失敗を繰り返してきました。

安いBluetoothキーボードを買って失敗するリスクを冒すくらいなら、最初からマイクロソフトデザイナーコンパクトキーボードを買った方がいいです。

Windowsユーザーにはおすすめできるキーボードです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次