プーケット国際空港の国内線ラウンジ Coral Lounge(コーラルラウンジ)をプライオリティパスで利用

プーケット国際空港の国内線ターミナルにあるCoral Lounge(コーラルラウンジ)を利用しました。

Coral Loungeはプライオリティパスで利用できるラウンジです。プライオリティパスがあれば、LCCなどアライアンス未加盟の航空会社利用でも利用できます。

今回はタイ・スマイルでのバンコクへのフライト前に利用したので、レポートしていきます。

目次

プーケット国際空港 国内線 Coral Lounge 基本情報

プーケット国際空港は、第1ターミナルが国内線、第2ターミナルが国際線です。国内線の第1ターミナルには、2カ所のCoral Loungeがあります。

第1ターミナル(国内線)の2カ所のCoral Lounge
  • Coral Beach (Coral Executive Lounge)
  • The Coral Executive Lounge

https://www.prioritypass.com/ja/lounges/thailand/phuket-international/hkt-coral-executive-lounge

今回はThe Coral Executive Lounge(以下、Coral Lounge)をレポートします。Coral Loungeの基本情報はこちらです。

Coral Loungeの基本情報
  • 営業時間:毎日 6:00~0:00(最大3時間まで)
  • 場所:第1ターミナル(国内線) 制限エリア、3階 ゲート8付近
  • 飲食:食事、軽食、ソフトドリンク、アルコール
  • 設備:新聞、雑誌、WiFi
  • 備考:禁煙、無料マッサージ、トイレはラウンジ外

残念ながら、シャワールームがありません。プーケットは暑いので、フライト前にシャワーを浴びれないのは残念です。

試していませんが、無料マッサージも受けられるみたいです。

また、ラウンジ内にはトイレがありません。一旦ラウンジから出て、空港ターミナルのトイレまで行く必要があります。

プーケット国際空港 国内線 Coral Lounge 訪問

エントランス

セキュリティチェックを通過して、正面やや左側に、Coral Loungeの案内があります。こちらの階段を上がります。

階段を上がるとすぐに、Coral Loungeの入口があります。

受付で搭乗券とプライオリティパスを提示すれば、無料で入室できます。

ラウンジ内

ラウンジ内は広くはありません。どこにでもあるような、テーブル席とダイニングテーブル席です。

人が座っていたので写真はありませんが、飛行機が見えるソファー席もあります。景色が良い席は人気がありますね。

私が入室した時間は12:30頃です。この時間帯は空いていたと思います。

食事

ビュッフェエリアも広くありません。こちらの写真のように、一列に並んだエリアになっています。メニューは軽食中心です。

ビュッフェエリアの左側には、ホットミールやサラダが置いてあります。私が訪れた日はホットミールはこちらの4品でした。 タイ料理が口に合わなくても、パスタがあるので問題無しです。

サラダもあります。何故かサラダだけ、スタッフの人が頻繁に補充していたので、空になることはありませんでした。

ビュッフェエリアの右側は、パンやサンドイッチなどの軽食が置いてあります。

辛い料理が苦手な私は、無難にカニマヨ風のカナッペとツナパンをチョイス。あとはパスタですね。味は東南アジア感は全く無くて、日本人にも普通に食べられる味でした。

ビュッフェエリアの真ん中には大型冷蔵庫があります。ドリンクやケーキなどのスイーツはこの冷蔵庫にまとめられています。

スイーツも美味しかったですね。軽食程度しかないので、私はカフェ感覚で利用していました。

まとめ

プーケット国際空港の国内線ターミナルのThe Coral Executive Lounge(Coral Lounge)についてレポートしました。

Coral Loungeは広くありませんし、料理も軽食しかありません。国際線の航空会社のラウンジを想像していくと、物足りなさがありますね。

とは言え、私が利用した12:30-13:30頃の時間帯は空いてて、快適に過ごすことができました。

プライオリティパスを持っていれば、LCCでもCoral Loungeを利用できるので良いですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次