SFC会員にステータス落ちしてショックだったこと

ANA SFC

ANAプラチナメンバーとしてのステータスが3月末で終了して、4月からスーパーフライヤーズ(以下、SFC会員)になりました。

プラチナメンバーのメリットはあまり感じていませんでしたが、唯一ショックだったことがあります。それは、国際線の非常口席の座席指定です。

目次

快適な非常口席

海外出張では、原則エコノミーに乗ります。窓側や通路側、最後尾列など、好きな座席は人それぞれだと思いますが、私は非常口席を好んで指定します

どのくらい非常口席を重視しているかというと、出張でスケジュールの融通がきかないとき以外は、非常口席が空いている便を選んで、フライトのスケジュールを組むくらいです。

非常口席は足元が広々していて、余裕で足を組むことができます。長時間のフライトでも全然苦痛ではないんですよね

とまぁ、非常口席LOVEな私ですが、プラチナを達成する前の平クレジットカードメンバー時代から、非常口席を指定していました。

ステータス落ちしてから非常口席が指定できない

SFC会員にステータス落ちしても、プラチナとほぼ同等のメリットがあるので、座席指定には差はないだろうと思っていました。

念のため指定できる座席をチェックしていると、残念ながら、非常口席が指定できなくなっていました

こちらは、羽田=バンコク線の座席指定画面です。

プラチナステータス時点SFCにステータス落ちした後
確認日:2016.12.10
フライト日:2017.02.27
クラス:エコノミー/W
確認日:2017.04.28
フライト日:2018.01.10
クラス:エコノミー/S

見事に、SFC会員では非常口席の予約ができなくなっています

確認した日やフライト日が違うので、同じ条件での比較ではありませんが、ざっくりと座席指定の範囲の差が、見て取れるのではないでしょうか。

バンコク以外でも、個人的によく利用する、シンガポールやヤンゴンも、ことごとく非常口席の座席指定ができなくなっていました。

こちらは、ニューヨーク-羽田線の座席指定の画面。

プラチナステータス時点SFCにステータス落ちした後
確認日:2017.04.28
フライト日:2018.01.18
クラス:エコノミー/L

プラチナ時のスクリーンショットはありませんが、ニューヨーク線では、非常口席の指定はできそうでした。路線や機材によっては、非常口席を指定できる場合もありそうです

【追記】SFC会員から再びプラチナメンバーにカムバックすることができたので、非常口席の指定の検証をしてみました。

以前は平クレジットカードメンバーでも非常口席を指定できた

こちらは、平クレジットカードメンバー時代(2015年4月時点)に非常口席に乗った時の写真です。このときは、ソラチカカードしか持っていませんでしたが、普通に非常口席を指定できていました

いつの間にか、座席指定のルールも変わっていたのですね。SFC会員ステータス落ちして一番ショックでした。

まとめ

路線にもよりますが、いつも愛用していた非常口席が指定できなくなっていて、ショックでした。

でも、非常口席ためだけにプラチナ修行をするのは、コスト的にどうかと思います。プラチナ修行の費用で、ビジネスクラスに乗れてしまうので。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次