飛行機撮影としてのTamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005

Tamron A005

飛行機撮影で大活躍のレンズ、Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005。世間的に評判の良いレンズですが、個人的には納得ができない写真を量産してしまっています。そのため、カメラ超初心者&飛行機撮影用途の視点でレビューしてみます。

目次

Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005のレビュー

Tamron A005

一眼レフと望遠レンズを買って以来、飛行機撮影が楽しくて、何回か羽田空港に撮影に行っていました。まだ飛行機撮影に慣れていないせいか、とにかくシャッターを押すことに夢中になっていて、純粋に撮影を楽しんでいました。

ですが、家に帰ってPCのモニターで見てみると、何だかモヤっとした感じの写真を連発していました。「眠たい」とか「解像感が無い」いうものですかね。

解像感については、レンズに依存する部分が大きいと思うので、今回は飛行機撮影の視点で、Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005のレビューをしてみたいと思います。

静止している機体は問題無さそう

Canon EOS70D, Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005, F7.1, 1/200s, ISO200, 119mm

拡大してみると、下の写真の様になります。

Canon EOS70D, Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005, F7.1, 1/200s, ISO200, 119mm

静止している機体はエプロン付近にいることが多いので、広角側で撮影することが多くなります。また、Tamron A005の特性として、シャッターを半押しにすると、ファインダー内の像がカッチリ止まります。それはもう、本当にカッチリ止まりますね。

撮影条件も影響していると思いますが、静止している機体は、「まあ納得のいく解像感かな」といった感じです。

離着陸中の機体の解像感はイマイチ

離陸中のB777-200で見てみましょう。

Canon EOS70D, Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005, F8, 1/1600s, ISO320, 218mm

拡大してみると、下の写真の様になります。

Canon EOS70D, Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005, F8, 1/1600s, ISO320, 218mm

何だかモヤっとした写真ですね。文字を見ると、鮮明さに欠けています。窓の枠もぼやけた感じになっています。

まとめ

Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005は、

  • 動きモノを撮影しない。
  • 予算上の制約がある。とにかく安い望遠レンズがほしい。
  • 軽い望遠レンズがほしい。

という人にとっては、コストパフォーマンスに優れたレンズになると思います。一方、飛行機撮影をする視点からだと、AF速度がそれ程早くないせいか、解像感の無い写真となるケースが多いため、被写体を選ぶレンズだと思いました。

なお、ネットでA005の飛行機写真を見ていると、もっと鮮明な写真を撮影している方もいます。そのため、撮影者の腕が悪かったり、レンズの個体差の可能性もあるため、一概にA005の性能が悪いということにはならないので、ご留意いただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次