【搭乗記】ブリティッシュエアウェイズ 成田→ロンドンヒースロー プレエコ (World Traveller Plus)

World Traveller Plus

JALのジャカルタ発券プレエコは、国内発券と比べると割安でヨーロッパまで行けます。プレエコなので積算率は100%、JGC修行にも利用可能です。

2019年夏はJALのジャカルタ発券プレエコで、エアバスの本拠地であるトゥールーズに行くことにしました。

今回の搭乗記は、2フライト目のブリティシュエアウェイズ BA6 成田→ロンドンヒースロー プレエコです。ジャカルタ発券を利用して実質約63,000円(片道)ととってもお得。この運賃ならまたリピートしたいです。

目次

運賃 & FOP単価

ジャカルタ発券を利用して、ロンドン経由でトゥールーズまで行きます。以下のフライトをJALのジャカルタサイトより発券しました。

No 便名 区間 クラス 運賃種別 FOP
1 JL726 ジャカルタ⇒成田 プレエコ E 5,818
2 JL7081
(BA6)
成田⇒ロンドンヒースロー プレエコ E 6,614
3 BA376 ロンドンヒースロー⇒トゥールーズ エコノミー H 388
4 JL42 ロンドンヒースロー⇒羽田 プレエコ E 6,614
5 JL725 成田⇒ジャカルタ プレエコ E 5,818
運賃 & FOP単価
  • 運賃合計:236,699円
  • FOP合計:25,252FOP
  • FOP単価:9.4円/FOP

TLS→LHRも込みで発券しましたが、運悪くブリティッシュエアウェイズの大規模ストライキと重なり、フライトキャンセルに。

そのため、TLS→LHRは抜いています。JALのオペレーターの話によると、後日払い戻ししてくれるとのことです。

フライト情報

BA B787-9
搭乗日 2019年9月
航空会社 ブリティッシュ・エアウェイズ
フライト BA6(JL7081) 東京/成田(NRT) → ロンドン/ヒースロー(LHR)
機材 B787-9 G-ZBKO
クラス プレミアムエコノミー (World Traveller Plus)
運賃種別 E(積算率100%)
マイル 12,739マイル
※FLYONマイルアップボーナス + JALカードツアープレミアム 含む
FOP 6,614 FOP
座席 20J
備考 ジャカルタ発券、JALコードシェア便

成田空港 第2ターミナル

チェックイン

成田空港 Jカウンター

成田空港では、J列のBAのチェックインカウンターからチェックインです。

JALのサイトで発券しており、JAL便名(JL7081)も付いていますが、運行会社のチェックインカウンターでチェックイン。

いつも利用しているL列のJGCカウンターではありません。

ボーディング

ボーディング

Group 1(ファーストクラス、エメラルド)とGroup 2(ビジネスクラス、サファイア)の優先搭乗の看板が立ってます。

拙者はJGCの端くれ、Group 2で優先搭乗。

飛行機のドアでのお出迎えは、イギリス人のおばさんCA。ここでも搭乗券をチェックされます。

機内に入ると日本人のおばさんCAと屈強な男性CAが多数。本日のフライトは男性CAが多い印象です。CAが女性ばっかりなのは日本だけ。世界的にみたら男性CAも多いです。

フライト

World Traveller Plus

World Traveller Plusのカタログ

BAのプレエコは、World Traveller Plusという名称です。

World Traveller Plus

BAのB787-9のWorld Traveller Plusは2-3-2配列。エコノミークラスの3-3-3配列に対して、1列少ないゆったりとした配列になっています。

と言っても、みんな大好きANAやJALのプレエコも、B787シリーズは2-3-2配列なので、スタンダードな配列と言えるでしょう。

World Traveller Plus

紺色のモノトーンでシンプルなシートです。直線的な背もたれではなく、身体の形に合わせてカーブが付いてます。若干ですが、安定感があるような気がしました。

World Traveller Plus

JALプレエコ(JAL SKY PREMIUM)とは違い、前の座席の人がリクライニングすると、シートが倒れてきます。

リクライニングは結構倒れます。運良く私の前の座席は空席だったため大丈夫でしたが、前の人が全開でリクライニングすると圧迫感がありそうでした。

なお、周りの外国人は全開で倒してました(汗)

ヘッドレスト

ヘッドレストは上下に動かせます。ヘッドレストのカーブは固定されていて、調整できませんでしたが、しっかりと頭をホールドしてくれるので、寝ている最中にカックンカックンすることは無さそうです。

身長170cmの私にとっては、足元のスペースは充分!

窓側の乗客が席を立つ場合は、通路側の人が一旦席を立たないと、通路に出るのは厳しい感じです。

World Traveller Plus

モニターのサイズは、プレエコとしては普通ではないでしょうか。JALのB777プレエコのモニターと同じような気がします。

モニターの下に、USB端子が2個付いてます。

アメニティー

プリセット
プリセット

枕、ブランケット、ノイズキャンセリングヘッドフォン、アメニティーキット

アメニティーキット

ヘッドフォンはノイズキャンセリングです。アメニティーキットはリサイクル素材で作られているそうです。

アメニティーキット
アメニティーキットの中身

靴下、アイマスク、ボールペン、歯ブラシ、ハンドクリーム

スリッパではなく、靴下なのが残念なところ。

歯ブラシは使っていないので使用感はわかりません。無難にいくなら、サクララウンジで歯ブラシを貰った方が安心です。(ワンワールドのステータス会員に限る)

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンク

BAはプレエコでもウェルカムドリンクが出ます。某JALは中距離ビジネスクラスでもウェルカムドリンクは出ないので、BAは好印象があります。

たかが一杯のドリンクですが、この後のフライトへの期待が高まります。

離陸後の機内食

おつまみとドリンク

日本製のおつまみかとおもいきや、アイルランドのメーカーのおつまみ。

機内食メニュー

BAのプレエコでは、エコノミークラスとは違う機内食が提供されます。

ビーフ、サーモン、パスタから選択できます。

多くの人がビーフをオーダーしている模様。私もビーフをオーダーしましたが、オーダー後に品切れと言われてしまいました。後方座席だと、食べたい機内食が品切れのリクスも伴います。どうしても希望がある場合は、事前にオーダーしておく方が良いかもしれません。

屈強な男性CAさんはエコノミーのビーフを提案してくました。実際にビーフを見せてくれましたが、薄っぺらくて、あまり美味しそうではありませんでした。

Tekito

こういうときは、上位クラスのビーフを持ってこないと、満足度下がっちゃうよー。

と内心で思いつつ、サーモンをオーダー。

機内食
離陸後の機内食メニュー
  • ほうれん草と人参のサラダ、蟹と魚のダンプリング、豚肉の野菜巻き
  • 鮭の柚庵焼き、旬の和野菜、青菜ご飯
  • ブレッド
  • オレンジ柚ムース、シャンティリークリーム

陶器の食器に盛り付けられてますねー。

日本で積んでるから、日本人としては美味しく感じました。ただ、全体的に量が少ない感じです。

赤ワイン

機内の様子

運悪く、座席近くのラバトリーは故障しており、洗面台から水が出ませんでした。 代わりに、ペットボトルの水とウェットティッシュが置いてありました。

トイレはウォシュレットはありません。B787シリーズはウォシュレット常備だと思っていましたが、航空会社によって異なるみたいです。

食事が終わり一息ついた頃には、機内は消灯しました。機内は冷え気味で、ギリギリ半袖ポロシャツ一枚で耐えられるレベル。

日本時間18:30頃、CAさんがジュースを配り始めました。

グランベリージュース

グランベリージュースをいただきました。JALだと、CAさんが頻繁にドリンクを持って歩いている姿を見かけますが、BAではあまり見かけません。屈強な男性CAは全く見かけませんでした。

着陸前の機内食

日本時間23:30 / イギリス時間15:30に2回目の機内食がスタート。

鶏のスパイシー照り焼き
着陸前の機内食メニュー
  • 鶏のスパイシー照り焼き
  • 和野菜
  • 胡麻ご飯

まとめ

機内食はエコノミーとは異なり、ちゃんと差別化されていたと思います。日本発のフライトという事もあり、日本人としては美味しく頂くことができました。

フライト時間は12.5時間でしたが、快適に過ごせたと思います。半日機内に居たことになりますが、疲れは残っていません。また、プレエコは空いており、隣が空席だったことも快適だった要因だと思います。

今回はジャカルタ発券を利用しており、全旅程の合計運賃は236,699円です。合計運賃をFOPで按分すると、今回搭乗した成田→ロンドン線プレエコは約63,000円ととってもお得。この運賃ならまたリピートしたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次