B747ビジネスクラスを楽しむ タイ国際航空 バンコク→プーケット

ANAビジネスクラスでバンコクに到着したのは、前日の23:00過ぎ。ANAに乗ったのは1年ぶりでしたが、JALよりも機内食が充実していてとっても満足のフライトでした。

空港周辺のトランジットホテルで一泊して、バンコクからプーケットへ向かうため、タイ国際航空のビジネスクラスを利用しました。機材はB747-400、今だに根強い人気があるジャンボです。キャビンは古い感じでしたが、ちゃんとした機内食が出たり、リージョナル仕様だけど広いシートでとっても快適。B747に乗りたい人にもオススメできる路線です。

目次

フライト情報

搭乗年月 2019年5月
航空会社 タイ国際航空
フライト TG203 バンコク(BKK) → プーケット(HKT)
機材 B747-400 HS-TGG
クラス ビジネスクラス
運賃種別 I (特典航空券)
マイル 積算対象外
PP 積算対象外
座席 24A

スワンナプーム国際空港

チェックイン

バンコク・スワンナプーム国際空港は、国内線も国際線も同じフロアにチェックインカウンターがあります。タイ国際航空の国内線ビジネスクラスのチェックインカウンターは左端にあります。

カウンターの4列しか空いてませんでしたが、ビジネスクラスのチェックインカウンターは空いていました。

ビジネスクラスの正面にはエコノミークラス用のチェックインカウンターがあります。こちらはマズマズの混み具合ですね。

ボーディング

バンコク・スワンナプーム国際空港の窓は汚いことで有名です。今回のフライトの搭乗口も、見事に汚れていました。

そのため、B747-400の勇姿をまともに撮影することができずとっても残念です。

ちなみに、当方はB747の世代ではないので、何の思い入れもありません。なお、最後にB747に乗ったのは2011年のキャセイです。

とは言うものの、普段乗らない機材なのと4発ジェット機と言うこともあり、楽しみなフライトですね。搭乗前にはB747の写真を撮影している人もちらほらいました。

ビジネスクラス用のボーディングブリッジから機内に入ります。ドアのところでは、CAさんが3人もお出迎え。

フライト

キャビン・シート

さすがB747-400のビジネスクラス、機内が広いです。

メインデッキのビジネスクラスは2-2列のレイアウトです。時代を感じされるスペックのシートですね。

国際線でこのスペックだと残念な感じですが、B747であることと1時間の国内線フライトであることを考えれば、とっても豪華と言えるでしょう。

シートピッチは広く、前のシートには足が届きません。

リクライニングのコントローラー。ボタンは多いですが、フルフラットにはなりません。

B747-400は古い機材ですが、USBポートは2個付いていました。その代わり、PC用電源は見つかりませんでした。

頭上を見上げると、世代を感じさせる仕様の天井ですね。

安全しおりからも、B747-400であることが確認できました。省略形は74Nになるみたいです。

B747は2019年時点ではもう古い機材になると思いますが、機内は比較的綺麗にメンテナンスされている感じでした。汚らしい印象は全くありませんでした。

離陸前のサービス

席に着くと、すかさず男性CAさんから、おしぼりを渡されました。

その後はウェルカムドリンク。オレンジジュースとアップルジュースの2種類。アップルジュースを頂きました。

CAさんの視線が気になって、写真が撮れません。CAさんの年齢は高め。国内線だからなのかビジネスクラスだからなのかは不明です。

離陸

窓から外を眺めると、TGの機材がいっぱいです。TGの本拠地であることを実感します。

TGは国内線でもB747、B777、A330などの大型機を運用しています。それ程の需要があるのか、情弱なので謎なところです。一昔前の日本のような感じです。

国内線のため機体は軽め、そして4発のCF6のパワーもあり、あっという間に離陸してしまいました。

離陸して少しすると、陸地から海上にでました。2個のエンジンがぶら下がっている光景は、見慣れないものがあります。

機内食

1.5時間のフライトの国内線なのに、バッチリ機内食がでます。

Tekito

ゲッ、嫌いなキノコが入ってる。

味は・・・まぁ、東南アジアの味ですね。不味くて食べれないレベルではないですが、個人的には好きでありません。

揚げパンは美味しいです。コンデンスミルクみたいな甘いシロップをつけると、ゲロ甘いになります。

ラウンジで食事をしたこともあり、お粥は半分残しました。

着陸

この日はRWY27運用で、陸地側から空港へアプローチしていきました。

RWY09運用の場合は、ビーチの頭上を飛行機が通過することで有名なプーケット国際空港。アジアのセントマーチンなどと呼ばれています。

私もビーチから着陸する飛行機を撮影するためにプーケットにやってきましたが、RWY27運用では、お目当の写真が撮影できそうもありません。

プーケット国際空港も窓が汚れています。タイ当局には強く改善を要望したいところです。

B747に乗りたい人にオススメ

わずか1.5時間のタイ国内線のフライトですが、ビジネスクラスということもあり、ちゃんとしたワンプレートの機内食が出てきました。個人的には味は微妙でしたが、タイ国際航空のサービスレベルの高さを感じました。

B747は日本の航空会社からは完全に退役していますが、海外航空会社であれば、まだまだB747に搭乗できそうです。タイ国際航空の国内線は、エコノミーは1万円以下で搭乗できることもあるので、B747にどうしても乗りたい人にとっては、オススメできると思いました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次